日本大学危機管理学部

ABOUT学部案内

学部案内

災害マネジメント領域

災害を未然に防ぎ対処する
災害マネジメント力向上を目指して

地震や津波などの自然災害や,原発事故や鉄道事故などの大規模事故をはじめ,さまざまな災害対策について学ぶとともに,災害時の避難,救急,救出活動,復旧・復興などを学びます。

概要

領域の特徴

災害マネジメント領域では,地震・津波,風水害,土砂災害などの自然災害や原発事故など,さまざまな災害対策について学ぶとともに,災害の事前対策,災害時の避難,救急・救援活動,事後の復旧・復興などについて学びます。過去の事例や災害発生メカニズム,法制度を学び,地域の防災活動の実情なども知ることで,実情に即した災害対策を論じることができるようになります。災害対策を多様な視点から学ぶことによって,行政機関や民間企業で活躍できる人材となります。

メッセージ

近年,地震・火山の活動が活発化し,異常気象により水害・土砂災害も激化しています。災害が甚大になればなるほど,公助には限界が生じるため,より重要となるのが自助と共助です。リスクは場所ごとに異なり,住民一人一人の生活パターンが異なることから,きめ細かい情報を得て各人が事前の備えを怠らず,避難行動のとり方も予め考えておく必要があります。自然災害は際限がなく想定外の事態が生じると考え,事前防災の充実,個人の防災意識向上,行政の対応強化等に貢献する災害マネジメント力の向上を期待しています。

授業説明

主な科目

  • 災害対策論
  • 自然災害論
  • 災害情報論
  • 地域防災論
  • 大規模事故論
  • 消防救急論
  • 災害と法
  • 原子力と安全
  • 災害史
  • 復旧・復興論
  • 事故責任法制

履修モデル(令和3年度参考)

令和4年度分は更新作業中,準備が整い次第掲載します。

  1年 2年 3年 4年
総合教育科目
  • 自主創造の基礎1・2(前・後)
  • 市民と法(前)
  • 国家と法(前)
  • コンピュータ・情報リテラシー(前/後)
  • スポーツ講義・スポーツ実技(前/後)
  • 英語Ⅰ~Ⅳ(前・後,各週2回)
  • 総合科目1・2(前・後)※A
  • 総合科目1・2(前・後)※A
  • 英語Ⅴ~Ⅷ(前・後)
  • 文章表現1・2(前・後)
  • 総合科目1・2(前・後)※A
   
総合科目一覧※A
  • 哲学
  • 論理学
  • 倫理学
  • 宗教学
  • 歴史学
  • 近代史
  • 文学
  • 教育学
  • 社会学
  • 政治学
  • 経済学
  • 地理学
  • 心理学
  • 文化人類学
  • 数学
  • 統計学
  • 科学技術史
  • 地球科学
  • 健康の科学
  • 教養特殊講義
専門基幹科目
  • 危機管理学概論 Ⅰ・Ⅱ(前・後)
  • 生活安全と法(前)
  • 社会安全と法(後)
  • リスクマネジメント論(前)
  • リスクコミュニケーション論(後)
  • インテリジェンス概論(後)
  • 憲法と人権(前・後)
  • 立憲主義と統治(前・後)
  • 行政法と行政過程 Ⅰ(前)※B
  • 行政法と行政過程 Ⅱ(後)※B
  • ロジスティクス論(前)
  • ヒューマンエラー論(後)
  • 犯罪と法 Ⅰ(前)
  • 民事法 Ⅰ(前)
  • 民事法 Ⅱ(後)
  • 企業取引と法(後)※C
  • 地方自治と法(後)※B
  • 行政法と行政過程 Ⅲ(前)※B
  • 民事法 Ⅲ(前)※C
  • 企業組織と法(前)※C
  • 企業統治と法(後)
  • 民事手続と法 Ⅰ(前)※C
 
専門展開科目
領域共通
  • ボランティア論(後)
領域共通
  • 社会調査法(前)
  • 社会心理学(後)
  • 公衆衛生学(前)
災害マネジメント領域
  • 危機管理基礎演習 Ⅰ ・ Ⅱ(前・後)
  • 災害対策論(前)
  • 災害情報論(前)
  • 自然災害論(前)
  • 災害と法(後)
  • 大規模事故論(後)
  • 地域防災論(後)
  • 災害史(後)
  • 消防救急(後)
領域共通
  • 企業コンプライアンス論(前)
  • 危機管理特殊講義3(前)
災害マネジメント領域
  • ゼミナール Ⅰ・Ⅱ(前・後)※D
  • 危機管理特殊研究1・2(前・後)※D
  • 事故責任法制(前)
  • 救援活動論(前)
  • 環境災害論(前)
  • 原子力と安全(前)
  • 災害レジリエンス(後)
  • 復旧・復興論(後)
  • 損害保険法(後)
領域共通
  • 事業継続論(BCP・BCM)(前)
災害マネジメント領域
  • ゼミナール Ⅲ・Ⅳ(前・後)※D
  • 危機管理特殊研究3・4(前・後)※D
他領域科目
  • 国民保護(後)
  • 情報管理論(後)
  • メディアコミュニケーション論(後)
  • セキュリティ論(前)
  • マスコミュニケーション論(前)
  • テロ対策論(前)
  • ライフライン防護(後)
  • 警察政策(前)
  • 運輸保安(後)
  • 企業広報論(後)
  • 海外安全対策(後)
 

※A 別表「総合科目一覧」からいずれか選択

※B 行政キャリアの場合,すべて選択(ロースクール進学希望者は,すべて選択)

※C 企業キャリアの場合,すべて選択(ロースクール進学希望者は,すべて選択)

※D ゼミナール又は危機管理特殊研究のいずれか選択

座談会「激化する自然災害にどう向き合うか」

災害マネジメント領域 座談会
左から 河野 加歩さん,安藤 大泰さん,木下 誠也教授,岸本 桃さん,荒木 夏衣さん
木下
皆さんが災害マネジメント領域を選んだ理由は何ですか?
河野
東日本大震災をはじめとする大きな災害が多いことから災害対策に関心を持ちました。想定外の事態にどのように対処するのがよいのか,防災に関わる公的な仕事に興味があるので,災害マネジメント領域の勉強をしたいと考えるようになりました。
岸本
私は,平成26年8月の豪雨で広島が土砂災害に見舞われたのが印象的です。被害の大きかったところは歴史を振り返れば過去にも経験していることが多いと思います。昔の地名を調べたり,あるいは地形を見てもリスクがある程度読み取れるかもしれないと思います。そうした研究に興味があります。
安藤
最近水害が激しくなっているので防災の重要性が増していると思います。住民一人一人が適切な避難行動を取れるようにすることが大事だと思います。そのためには,どのように情報提供するか,どうやって誘導するかということが大切だと思い研究したいです。
荒木
私は鹿児島出身なので火山に興味がありますし,東日本大震災があり,水害も多発しているので,地震対策や水害も含めて防災に関わる公共の仕事に興味があります。
木下
どういうことを重点的に研究したいと思っていますか?
河野
私は住民一人一人が防災を考えることが大事だと思うので,マイタイムラインを研究しています。平成27年の常総水害がきっかけとなって,普及し始めているところなので,大切なテーマだと思いました。
岸本
私は,平成30年西日本豪雨で浸水した岡山県倉敷市の真備地域の災害対策と地図の関係性を調べています。地図からリスクが読み取れるか,災害伝承が役に立つのかなど研究しています。
荒木
私が研究を始めているのは,大災害が起きたときの帰宅困難者対策です。東日本大震災のときには,東京で帰宅困難者の問題がクローズアップされました。これまであまり研究されていないテーマだと思います。どういう問題に焦点を当てたらいいか,過去の事例を基に考えているところです。
安藤
岐阜県山間部の災害対策を研究しています。高齢化,過疎化の問題,そして,集落が孤立する問題など,防災を考えるうえで山間部特有の課題があると思います。防災を学ぶに当たってのアドバイスをお願いします。
木下
災害の直後はすぐには“公助”が期待できず,大きな災害であればあるほど“公助”は機能しにくくなり,住民一人一人の“自助”が重要になります。どのようにすれば自力が発揮できるのかという観点で,自分に起きることとして研究を深めてほしいと思います。
木下 誠也
木下 誠也教授

東京大学大学院工学系修士修了,博士(工学)元国土交通省近畿地方整備局長。国土審議会,社会資本整備審議会委員等。土木学会建設マネジメント委員長。2014年本学生産工学部教授に就任し2016年より現職。

教員情報詳細

学生からのメッセージ

W.S

W.S
危機管理学部4年

研究テーマは「震災時の救急と救助」

小学生の時に東日本大震災を経験したのをきっかけに,災害現場で命と関わる仕事に就きたいと考え,災害や災害対策を専門的かつ実践的に学べる危機管理学部を選びました。現在は,今後30年以内に70%の確率で起きると予測されている首都直下地震における救急・救助業務の実施方法について研究したいと考えています。コロナ禍では,オンラインでの講義に加えて,例年よりも空き時間が多くなったので,公務員試験の勉強や語学の勉強などにも取り組んでいます。