日本大学スポーツ科学部

学部案内

教育方針

1. 卒業の認定に関する方針
DP(ディプロマ・ポリシー)

スポーツ科学部(学士(体育学))は,スポーツ立国を目指す我が国の競技スポーツの発展に貢献するべく,日本大学教育憲章に基づき,「日本大学の目的及び使命」を理解し,「自主創造」を構成する「自ら学ぶ」・「自ら考える」及び「自ら道をひらく」能力に基づく本学部における能力を修得したものに,「学士(体育学)」の学位を授与する。

DP1(DP1-D・DP1-E)

競技スポーツ分野における反省的実践家としての実践力を構成する基礎的・汎用的能力及び社会一般的な倫理観を高めることができる。

DP2(DP2-A・DP2-B)

自国のスポーツ文化を理解し,スポーツを通した国際的教養人としての感性を高めることができる。

DP3(DP3-G・DP3-H)

スポーツに関わる様々な問題を適切に把握して,合理的な判断につなげられる能力を高めることができる。

DP4 (DP4-F・DP4-I)

スポーツ界が抱える問題を探求し,その状況を的確に分析する能力を高めることができる。

DP5(DP5-J)

スポーツの新たな可能性を追求し,様々な領域,領野から果敢に挑戦し続ける行動力を高めることができる。

DP6(DP6-K)

スポーツを通してグローバルに行動できるコミュニケーション能力を高めることができる。

DP7(DP7-C・DP7-L)

スポーツを通して社会にある多様な価値を受容し,対立を乗り越え,協働を通じて社会の安定を希求する公共心を高めることができる。

DP8(DP8-M)

課題発見・仮説構築・仮説検証・課題解決・省察のプロセスについて,スポーツ科学の手法に基づき主体的に反復する思考を高めることができる。

2. 教育課程の編成及び実施に関する方針
CP(カリキュラム・ポリシー)

日本大学スポーツ科学部(学士(体育学))では,日本大学教育憲章(以下,「憲章」という)を基に,専門分野を加味した卒業認定に関する方針に沿って学問分野別の教育課程を編成し実施する。
競技スポーツにおける専門的な知識を持つ技術的熟達者としての能力と,諸問題を認識するとともに課題を概念化し解決していく反省的実践家としての実践力として「憲章」に基づく卒業の認定に関する方針として示された8 つの能力(コンピテンシー)を養成するために,総合教育,外国語教育,初年次教育,専門教育等の授業科目を各能力に即して体系化するとともに,講義・演習・実験・実習等の授業形態を組み入れた多様な学修方法による教育課程を編成し実施する。
また,学修成果の評価は,専門的な知識・技能及び態度を修得する授業科目に関しては,授業形態や授業手法に即した多元的な評価方法により,各授業科目のシラバスに明示される学習到達目標の達成度について判定し,「憲章」に示される日本大学マインド及び自主創造の8 つの能力(汎用的能力)への達成度に関しては,卒業の達成を測るための授業科目(ゼミナール,卒業研究・卒業論文,専門演習等)の修得状況や到達度と学生自身による振り返り等をもとに段階的かつ総合的に判定する。

CP1

初年次教育,総合教育及び専門科目を通じて,スポーツに通底する社会科学,自然科学,医科学,形式科学に関する知識・教養を学び,反省的実践家としての実践力を構成する基礎的・汎用的能力を育成する。

CP2

初年次教育,総合教育,外国語教育及び専門科目を通じて,スポーツ界における国際人としてのグローバル感覚や,異文化への適応力を育成する。

CP3

専門教育を通じて,スポーツにおける様々な問題を適切に把握し,建設的,合理的な判断を行うことができる能力を育成する。

CP4

専門教育を通じて,スポーツ界全体が抱える問題を探求し,その状況を様々な知見を基に的確に分析する能力を育成する。

CP5

専門教育を通じて,スポーツの新たな可能性を追求し,様々な領域,領野の既存の知見・アイデアを利用し,果敢に挑戦し続ける行動力を育成する。

CP6

外国語教育,専門教育を通じて,自らの考えや信念を様々な表現で示し,グローバルに行動できるコミュニケーション能力を育成する。

CP7

総合教育,専門教育(卒業の達成を測るための授業科目を中心とする)を通じて,スポーツを含めた社会にある多様な価値を受容し,自己の立場,責任をチームでの協働作業から認識することで社会の安定を希求する公共心を育成する。

CP8

専門教育(卒業の達成を測るための授業科目を中心とする)を通じて,課題発見・仮説構築・仮説検証・課題解決・省察のプロセスを,スポーツ科学の手法に関連する学習成果に基づき主体的に反復する思考を育成する。

3. 入学者の受入れに関する方針
AP(アドミッション・ポリシー)

スポーツに関わる様々な実践の場において,これまでの教育課程で身に付けた学力を基に,競技スポーツに関わる諸問題や課題を多様な視点から発見し,それに対する多面的な情報収集・分析を通して,解決策を導き出す過程を繰り返すことができる能力を身に付ける意志を持った人材を求める。また,スポーツ科学の最新の知見を活かして競技力の向上を真摯に探求する,もしくはそれを支える意志のある人材を求める。