メインコンテンツへスキップ

日本大学病院

診療科・部門

消化器病センター

ニュースレター

三浦 義正(みうら よしまさ)

教授

専門分野
消化管腫瘍の内視鏡診断(特に上部消化管),全消化管の内視鏡治療
疾病認定医
日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、FJGES(学術評議員・鎮静ガイドライン第2版委員、学会賞小選考委員)
主な研究業績・著書
  • 胃腫瘍に対するpocket-creation methodを用いたESDの有用性に関する報告、LCIを用いた上部消化管内視鏡観察の有用性に関する報告など、上部内視鏡のAI診断開発における企業との共同研究など
  • 1. Miura Y, Osawa H, Sugano K. Recent progress of image-enhanced endoscopy for upper gastrointestinal neoplasia and associated lesions. Dig Dis.2023 Nov10. Online ahead of print
  • 2. Miura Y, Fukuda H, Ueno T, et al. Endoscopic submucosal dissection of gastric neoplasms with severe fibrosis using a new thin therapeutic endoscope and a dedicated conical cap. Endoscopy. Dec;55(S 01):E872-E873, 2023.
  • 3. Miura Y, Osawa H, Nomoto Y, et al. a key feature to consider during endoscopic resection of duodenal neoplasms. VideoGIE. 2021 Sep 15;6(12):529-532.
  • 4. Miura Y, Shinozaki S, Hayashi Y, et al. Duodenal endoscopic submucosal dissection is feasible using the pocket-creation method. Endoscopy. 2017 Jan;49(1):8-14.
  • 5. ポケット法の極意、2020年、南江堂
その他
自治医科大学卒。2009から2023年まで自治医科大学で上部消化管内視鏡診断・治療を中心に診療、研究、教育実績を積む(最終職歴は准教授)。特に消化管腫瘍に対する内視鏡治療(内視鏡的粘膜下層剥離術:ESD)は、食道・胃・大腸だけでなく、咽頭や十二指腸まで全消化管腫瘍のESDで多くの施行経験あり。またダブルバルーン内視鏡を用いた通常内視鏡で到達困難な部位の腫瘍治療も施行可能。通算で1000件を超えるESDを行っている。国内外のハンズオンセミナー講師(北京国際医院客員講師)、海外ライブデモンストレーション、講演など多数実績あり。

山下 裕玄(やました ひろはる)

教授 消化器病センター長

専門分野
胃癌 食道胃接合部癌
疾病認定医
日本外科学会認定医・専門医・指導医/日本消化器外科学会専門医・指導医/日本消化器病学会専門医/日本内視鏡外科学会技術認定取得者/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/日本胃癌学会代議員/日本肥満症治療学会評議員/胃外科・術後障害研究会世話人/日本食道学会/日本癌治療学会
主な研究業績・著書
  • Hyperfibrinogenemia is associated with lymphatic as well as hematogenous metastasis and worse clinical outcome in T2 gastric cancer. BMC cancer 6:147, 2006.
  • Tissue factor expression is a clinical indicator of lymphatic metastasis and poor prognosis in gastric cancer with intestinal phenotype. Journal of Surgical Oncology 95:324-31, 2007.
  • Chromoendoscopy with indigo carmine dye added to acetic acid in the diagnosis of gastric neoplasia. Gastrointestinal Endoscopy 69:1407-8, 2009.
  • Optimal extent of lymph node dissection for Siewert type II esophagogastric junction carcinoma. Annals of Surgery 254:274-80, 2011.
  • Adenocarcinoma of the esophagogastric junction be classified as esophageal Cancer? Limited to Siewert type II, yes. Annals of Surgery 261:e67, 2015
  • How should we define the no. 3b lesser curvature lymph node? Gastric Cancer. 20:558-559, 2017.
  • Results of a nation-wide retrospective study of lymphadenectomy for esophagogastric junction carcinoma. Gastric Cancer 20(Suppl 1):69-83, 2017.

今津 博雄(いまづ ひろお)

診療教授、科長、内視鏡室長

専門分野
胆膵疾患・内視鏡診断と治療。門脈圧亢進症の診断と治療。
疾病認定医
日本内科学会認定医・研修指導医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本膵臓学会認定指導医、日本胆道学会認定指導医、日本門脈圧亢進症学会技術認定医・技術認定委員。
主な研究業績・著書
  • 安全に胆膵内視鏡(ERCP関連手技)を行うためのデバイスや胆膵内視鏡スコープの開発に関する論文の執筆(先端斜め型カテーテル、マルチベンディング十二指腸スコープなど)と実際の製品化(世界の内視鏡診療で使用)、造影超音波内視鏡による胆膵疾患の診断に関する論文の執筆、アジア超音波医学会による造影超音波内視鏡ガイドライン作成・執筆(共著)、膵癌の超音波内視鏡診断ソフトウェア開発(特許取得)
その他
2003~2004年にドイツ、ハンブルグ大学内視鏡科に留学、実地診療で当時の日本で行われていなかった治療的超音波内視鏡(特に膵炎治療)を修得、帰国後、東京慈恵会医科大学内視鏡科(教授)を経て、2017年より日本大学医学部附属板橋病院消化器肝臓内科(内視鏡センター長)、2022年より日本大学病院消化器内科へ赴任、過去5年間でも年間1000件以上の胆膵内視鏡を施行(2022年現在)、特に胆膵疾患に対する内視鏡診断・治療、早期膵癌の診断に注力。

今武 和弘(いまたけ かずひろ)

健診センター

専門分野
消化管(上部消化管)
疾病認定医
日本内科学会認定医・総合内科専門医・指導医,日本消化器病学会専門医・指導医,日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 日本消化器がん検診学会認定医・指導医,日本がん治療認定医,日本がん検診・診断学会認定医,人間ドック健診専門医・指導医
主な研究業績・著書
  • 胃酸分泌に関する基礎的な研究を行ってきました。現在は健診センターに所属し、消化器がんの早期発見に努めています。
その他
胃腸に関することは何でもお気軽にご相談下さい。また健診後の相談にも丁寧に対応致します。

渡邊 幸信(わたなべ ゆきのぶ)

助教・超音波室長・医局長

専門分野
肝疾患(肝癌の診断と治療),超音波診断学
疾病認定医
日本内科学会認定医 ・総合内科専門医・研修指導医,日本超音波医学会認定専門医・指導医,日本消化器病学会専門医・指導医,日本消化器内視鏡学会専門医,日本肝臓学会専門医・指導医
主な研究業績・著書
  • Utility of Contrast-Enhanced Ultrasound for Early Therapeutic Evaluation of Hepatocellular Carcinoma After Transcatheter Arterial Chemoembolization. J Ultrasound Med. 2020 Mar;39(3):431-440.
  • Solitary Variceal Rupture in the Small Intestine. Intern Med. 2017;56(6):651-655.
その他
日本超音波医学会代議員

市島 諒二(いちじま りょうじ)

助教

専門分野
消化管疾患(食道・胃・大腸)・内視鏡診断と治療  内視鏡鎮静
疾病認定医
医学博士 日本内科学会認定内科医・研修指導医・総合内科専門医 日本消化器病学会専門医 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医 日本肝臓学会専門医 日本消化管学会胃腸科専門医・指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
主な研究業績・著書
  • Effcacy and safety og grasping forceps-assisted endoscopic resection gastric neoplasms;Amulti-centre retrospective study World J Gastrointest Oncol.2021 Mar 15;13(3):174-184.
  • Efficacy of macrogol 4000 plus electrolytes in bowel preparattion for colonoscopy in patieents with chronic constipation BMC Gastroenterol. 2021Oct 19;21(1):387.
  • Effcacy of Full-Spectrum Endoscopy to Visualize the Major Duodenal Patients with Familial Adenomatous Polyposis. Digestion. 2020;101(5):563-570.
  • Ex vivo porcine model study on the treatment outcomes of scissor-type knife versus needle-type knife in endoscopic submucosal dissection performed by trainees. BMC surg. 2020 Nov 19;20(1):287.
  • Randomized controlled trial comparing conventional and traction endoscopic submucosal dissection for early colon tumor (CONNECT-C trial). Dig Endosc. 2023 Jan;35(1):86-93.
  • First dose-ranging study of remimazolam in Japanese patients undergoing gastrointestinal endoscopy: Phase II investigator-initiated clinical trial. Dig Endosc. 2022 Nov;34(7):1403-1412. Best review award 2022 (DEN Open)
その他
日本消化器病学会 関東支部評議員 , 日本消化器内視鏡学会 関東支部評議員・学術評議員, 日本消化管学会 代議員

平山 みどり(ひらやま みどり)

研究医員

専門分野
肝疾患,超音波診断学
疾病認定医
日本内科学会専門医,日本消化器病学会専門医,日本消化器内視鏡学会専門医,日本超音波医学会専門医・指導医,日本肝臓学会専門医,臨床研修指導医
その他
日本超音波医学会代議員

金子 真大(かねこ まさひろ)

助教・病棟医長

専門分野
肝疾患,超音波診断学
疾病認定医
日本内科学会認定医,日本消化器病学会専門医,日本肝臓学会専門医,日本超音波医学会認定専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、臨床研修指導医
主な研究業績・著書
  • Renal vein measurement using ultrasonography in patients with cirrhotic ascites and congestive heart failure. J Med Ultrasonics. 2021 Apr;48(2):225-234.
  • 腹部エコーの“みかた”. 日本医事新報社
その他
日本超音波医学会代議員

大澤 朗太(おおさわ ろうた)

助手

専門分野
胆膵疾患
疾病認定医
日本内科学会認定医 日本消化器病学会専門医 日本消化器内視鏡学会専門医

須田 清一郎(すだ せいいちろう)

専修医

専門分野
肝臓疾患
疾病認定医
日本内科学会認定医、日本ヘリコバクターピロリ学会認定医科学会認定医、日本超音波医学会認定専門医

高須 綾香(たかす あやか)

大学院生

専門分野
消化管疾患
疾病認定医
内科認定医、日本消化器病学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、ヘリコバクターピロリ学会認定医
主な研究業績・著書
  • Utility of a novel self-assembling peptide for bleeding from the specimen side during gastric endoscopic submucosal dissection. Dig Endosc. 2022 Nov
  • Comparison of Conventional and New Endoscopic Band Ligation Devices for Colonic Diverticular Bleeding. Clinic Endos. 2022 Feb 18
  • Use of the NOBLADS Score to Predict Endoscopic Treatment in Patients with Colonic Diverticular Bleeding by Age Stratification. Intern Med.2022 Mar
  • Comparison of Conventional and New Endoscopic Band Ligation Devices for Colonic Diverticular Bleeding. Clinic Endos. 2022 Feb 18
  • Use of the NOBLADS Score to Predict Endoscopic Treatment in Patients with Colonic Diverticular Bleeding by Age Stratification. Intern Med. 2022 Mar

山田 康嗣(やまだ こうじ)

専修医

専門分野
胆膵疾患・内視鏡診断と治療。
疾病認定医
日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、ヘリコバクターピロリ学会認定医

中山 昌子(なかやま まさこ)

専修医

専門分野
消化管 消化器癌の内視鏡治療
疾病認定医
総合内科専門医

小西 彩(こにし あや)

専修医

専門分野
肝臓疾患
疾病認定医
総合内科専門医、消化器病学会専門医

山田 優紀(やまだ ゆうき)

専修医

専門分野
消化管疾患
疾病認定医
総合内科専門医、日本消化器病学会専門医

小川 眞広(おがわ まさひろ)

非常勤(板橋病院) 准教授

専門分野
超音波診断学,総合画像診断,肝がんの診断と治療
疾病認定医
日本内科学会認定医,研修指導医,日本消化器病学会専門医,日本消化器内視鏡学会専門医,日本肝臓学会専門医,日本超音波医学会認定専門医・指導医・理事,日本消化器がん検診学会認定医・指導医・理事,日本がん検診学会・診断学会認定医・認定医委員長・理事,日本がん治療認定医
主な研究業績・著書
  • 腹部エコーを視て・診る 永井書店, 大阪, アグレッシブ腹部エコー(肝臓編)(DVD), ケアネット,US Labシリーズ3 腹部超音波検査のあっ?!あれ何だっけ?-走査のポイントと測定・評価のコツ, メディカ出版,US Labシリーズ6 カテゴリーが劇的にわかる 腹部超音波スクリーニング(平井都始子 編集), メディカ出版, US Labシリーズ7 腹部超音波検査のへぇ~!これそうなんだ! 用語・現象の原理を知って、検査にいかす!, メディカ出版, 一冊で分かる肝疾患 診断・治療のポイントが見てわかる ,文光堂,あなたも名医!jmed65 “見かた”と“診かた”のコツを伝授 腹部エコーの“みかた”, 日本医事新報社,
その他
医療連携をはじめ医師・研修医・臨床検査技師などに対するハンズオンセミナーも教室スタッフで随時施行

青木 央(あおき ひろし)

専修医

専門分野
消化器内科全般

寺本 賢一(てらもと けんいち)

外来医長・助教

疾病認定医
日本外科学会専門医/日本消化器外科学会専門医・消化器がん外科治療認定医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/消化器病学会専門医/日本大腸肛門病学会専門医/日本救急医学会救急科専門医/日本肝臓学会専門医

萩原 謙(はぎわら けん)

病棟医長・助教

専門分野
上部消化管外科(胃外科、食道外科)、内視鏡外科、ヘルニア、減量・代謝外科
疾病認定医
日本外科学会専門医・指導医/日本消化器外科学会専門医・指導医/日本消化器病学会専門医・指導医/日本食道学会食道科認定医/消化器がん外科治療認定医/日本内視鏡外科学会技術認定取得者/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/Society of American Gastrointestinal Endoscopic Surgeons(SAGES)international Member/日本胃癌学会代議員/腹腔鏡下胃切除研究会世話人/関東腹腔鏡下胃切除研究会世話人/単孔式内視鏡手術研究会世話人
主な研究業績・著書
  • Hagiwara K et al. Comparison of Short-Term Outcomes Between Hand-assisted Laparoscopic Distal Gastrectomy and Laparoscopy-assisted Distal Gastrectomy in Gastric Cancer. Surg Laparosc Endosc Percutan Tech. 2020;30:249-256.
  • Hagiwara K et al. Radiochemotherapy for esophageal squamous cell carcinoma in elderly patients. Hepatogastroenterology. 2014;61:1617-1622.
  • Hagiwara K et al. Urinary bladder fistula following laparoscopic inguinal hernioplasty: a case report. BMC Surg. 2021;21:183.
  • Kanai H, Hagiwara K et al. Short-term outcome of laparoscopic cholecystectomy for benign gall bladder diseases in 76 dogs. J Vet Med Sci. 2018;80:1747-1753.
  • 萩原 謙 他:肥満症例の虫垂炎に対する腹腔鏡下虫垂切除術、手術7月号72巻8号、2018
  • 萩原 謙:動物と人の胆嚢の解剖学的な相違ー安全な腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うためにー:MVM(Journal of modern veterinary medicine) 26巻2号、2017
  • 萩原 謙:生体吸収性材料の開発と安全性評価、第4節 消化器外科手術にて接合・固定に使われる医療材料の選定、株式会社技術情報協会、東京、2017
  • 萩原 謙:GISTに対するHALS(HALS研究会編)、HALS用手補助腹腔鏡下手術の実際、南江堂、東京、2014
  • Minoru Matsuda, Ken Hagiwara et al: Video-Endoscopes and Indtruments, Reduced Port Laparoscopic Surgery, P57-70,Springer, Japan, 2014
その他
胃癌、食道癌を対する外科治療(開腹/腹腔鏡治療)や抗がん剤、高度肥満症に対する治療減量代謝改善手術を中心に診療を行っております。腹腔鏡技術の経験を獣医医療へ還元するために獣医向けの腹腔鏡手術セミナーにも携わっています。

岩田 亮平(いわた りょうへい)

助手

専門分野
上部消化管外科
疾病認定医
日本外科学会専門医

服部 桜子(はっとり さくらこ)

助手

専門分野
消化器外科
疾病認定医
日本外科学会専門医,日本消化器病学会専門医,消化器外科専門医,消化器がん外科治療専門医

須田 満男(すだ みつお)

専修医

消化器病センター

診療受付時間

初診の方
月〜金曜日
/
土曜日
再診の方
月〜金曜日
/ 午後は予約診療のみ
土曜日

休診日

土曜日午後,日曜・祝日,10月8日,年末年始(12月30日〜1月4日)

住所

〒101-8309 東京都千代田区神田駿河台1-6 Google Map