看護部

看護部からのお知らせ

看護部概要

看護部

旧駿河台日本大学病院は1926年(大正15年)に開設され、約90年の歴史がありました。2014年(平成26年)10月に現在の地に新築移転し、日本大学病院として新たにスタートをしました。高度な専門医療、チーム医療、予防から治療までの継続した医療を提供するため、専門性の高い医療・看護に努めております

看護部理念

私たちは「病院は病者のためにある」という病院の理念に基づき、社会のニーズに合った、患者さんに信頼される、心温まる質の高い看護を提供いたします。

看護部基本方針

  1. 私たちは一人ひとりの患者さんと共に歩み患者さんの権利・安全を守り最適な看護を提供します。
  2. 大学病院の看護師として看護・教育・研究を通し自律 した質の高い専門職業人を育成します。
  3. チーム医療を推進することによって、地域医療・急性期医療の役割を果たし、社会に貢献します。

看護体制

病棟
10看護単位
 小児科・眼科・整形外科については、病棟・外来一元化による継続看護を実施しています。
外来
21診療科
中央部門
手術室・中央材料室
看護提供方式
モジュール型継続受け持ち方式(救命センターについてはチームナーシング)
モジュール型継続受け持ち方式では、1人の看護師がプライマリーナースとして複数の患者さんを担当します。プライマリーナースは自分の担当する患者さんについて、患者さん・ご家族に参加していただきながら看護計画の立案、実践、評価に責任を持ちます。毎日、モジュールメンバー同志や病棟のカンファレンスで看護の方向性等を話しあい、実践、評価、修正をしながら、患者さんにとって最善な看護を提供するように取り組んでいます。プライマリーナースが夜勤や研修等で不在時は、同じモジュールのメンバーがその患者さんを受け持ち、看護計画に沿った継続看護を提供します。
病床数
320床
入院基本料
一般病棟入院基本料
急性期看護補助体制加算50対1
勤務体制
変則2交代制勤務
勤務時間
(日勤)8:00〜16:30
(夜勤)16:00〜9:00

看護部長から皆様へのメッセージ

当院の看護部の特徴としては、病棟、外来一元化の看護体制、看護外来の充実があります。専門性を持ちつつ総合的な看護を実践し、病める患者さんの生を支え、生きる希望、治りたいという意欲を促進する看護師を育成します。大学病院の看護師として教育・研究に積極的に取り組んでいます。医療変革の時です。多様な価値観を認め、患者さんのために最善な看護を創造、探求し、これからの看護を拓く人材育成に力を入れています。これからの看護師には、多職種協働によるチーム医療のキーパーソンとしての活動が期待されています。困難をやりがいに変えて挑戦し続け、柔軟でタフな医療人として進化して欲しいと願っています。看護イノベーションを共創しましょう。

看護部活動

N.Café(看護を語る会)※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休止中

N.Caféでは、一緒にランチを取りながら、新人から管理者まで参加者が1人の看護師として臨床経験を語り合います。誰かのナラティブが自分の経験と重り共感することや、多様な看護観を知ることで看護の奥深さに改めて気づきます。
N.Caféでの語りを紹介します。

看護部の情報共有の取り組み

看護部は日本大学情報共有システムであるNU-APPSを活用し、各委員会、研修情報、部署別行事、予定などの情報を管理し、全看護職員で院内及び看護部内の情報をタイムリーに共有しています。会議・研修では教職員用WIFIとiPad、新人看護職員はアンドロイドタブレットを使用し、レジメ・資料を配信し、研修後アンケートもWEB上で実施するなど、活用しています。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 8:00
-11:30
8:00
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448