メインコンテンツへスキップ

日本大学病院

医療情報検索

急性胆嚢炎 きゅうせいたんのうえん

急性胆嚢炎は胆嚢結石症を伴っていることが多く、腹痛、黄疸、発熱などの症状で発症します。血液検査では肝胆道系酵素の上昇がみられ、腹部超音波や腹部CTでは胆石に加え、胆嚢腫大、壁肥厚、胆泥などの所見がみられます。診断後は急性胆管炎・胆嚢炎診療ガイドライン2013にそって重症度判定を行い、治療方針を決定しています。中等症までの急性胆嚢炎では消化器外科と連携をとり、可能な限り緊急で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うようにしています。重症や腹腔鏡下胆嚢摘出術が困難な場合は、抗菌薬治療に加え、経皮経肝胆嚢ドレナージ術や経内視鏡的胆嚢ドレナージ術などのドレナージ術も併用しています。胆嚢結石症を合併している場合は急性胆嚢炎が落ち着いた後に、待機的に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っています。


急性胆嚢炎(CT




経内視鏡的胆嚢ドレナージ術



経皮経肝胆嚢ドレナージ術




関連する医師一覧

医療情報検索

診療受付時間

初診の方
月〜金曜日
/
土曜日
再診の方
月〜金曜日
/ 午後は予約診療のみ
土曜日

休診日

土曜日午後,日曜・祝日,10月8日,年末年始(12月30日〜1月4日)

住所

〒101-8309 東京都千代田区神田駿河台1-6 Google Map