薬剤部

薬剤部からのお知らせ

薬剤部概要

薬剤部は、病院内で取り扱われる「くすり」に関与しております。患者さんがお飲みになる、お使いになるお薬の調剤はもとより、それ以外の様々な業務をとおして、患者さんの薬物治療が円滑に行なわれるためにあらゆる角度から携わっている部署です。

主な業務内容

調剤
処方せんに基づいてお薬をつくり、交付する業務です。
飲み合わせの悪い薬や、効果が同じような重複処方されていないか等を確認しております。
製剤
患者さんに対してより良い治療をするために、一般に市販されていない薬剤の調製を行っております。
それは多くの患者さんに広く使われる薬剤から、患者さん一人一人の症状に合わせた薬剤まで、多岐にわたっております。
注射業務
入院中の患者さんの注射薬に関して配合変化や投与方法などを薬学的観点から処方監査を行っております。
医薬品管理業務
院内で用いられる全薬剤を適正に保管管理し、各部署に供給しております。
薬品の中には使用記録等の細かな管理を必要とするものがあり、これらの管理も実施しております。
医薬品情報室
医療従事者からの問い合わせや厚生労働省や製薬企業等からの新たな情報などに迅速に対応し、院内の医療従事者に医薬品情報を提供しております。
化学療法室
抗がん剤治療においても化学療法室にて薬剤師による抗がん剤の混注、および患者さんへのお薬の指導を行っております。
薬剤管理指導業務
病棟の患者さんに、お薬の働きや飲み方などの説明をしております。
医師、看護師等と連携をとりながら、患者さんの治療に携わっております。

ご挨拶・特色

技術長 菊池 憲和

技術長 菊池 憲和

私たち薬剤師は、医療スタッフの一員として薬学的専門知識を生かして、チーム医療を通じて少しでも患者さん中心の医療に寄与することができるよう取り組んでおります。

当薬剤部の業務は、多数の業務から成り立っておりますが、その中で最も重要な業務はすべての病棟に薬剤師を配置して病棟活動を行っております。
病棟では医師、看護師その他の医療スタッフと密接に連携し、持参薬確認や服薬指導などを通じ、患者さんにとって最も効果的な薬物療法の実践に貢献することで、患者さんや患者さんの家族が病気にかかわる問題が少しでもなくなり、満足が得られるように努力しております。

また本院は日本大学の附属病院であり、教育機関としての役割を担っております。
医師、薬剤師の指導の下に日本大学薬学部の薬学生が参加型の実務実習を行っておりますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

外来診察
外来診察のご案内

外来診察のご案内閉じる

    月曜-金曜 土曜日
新患 午前 8:00
-11:00
8:00
-11:00
午後 1:00
-3:00
午後休診
再来 午前 7:55
-11:30
7:55
-11:30
午後 予約診療
のみ
午後休診

お電話でのご予約

03-5577-3448