メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

商業科の教員という目標に向けて
4年間、全力で学びたい

商業学科4年 岩崎 太地さん(川崎市立商業高等学校 〈現:川崎市立幸高等学校〉卒)

商業学科4年 岩崎 太地さん

#scene1
目指すは高校の商業科教員
採用試験現役合格を勝ち取りたい

高校時代、家族が病気になったことがあり、心身ともに疲れていた私に担任の先生が根気強く声をかけてくださって徐々に心がほぐれていきました。この経験がきっかけで、悩みを抱える生徒に寄り添う教師になりたいと考えるようになり、高校、大学での学びを生かせる商業科の教員を目指しています。現在、名児耶富美子先生のゼミナールで「アプリケーションの設計と開発」をテーマに問題解決能力とコミュニケーション力を強化中。また大嶋伊佐雄先生の総合研究でも、教員採用試験合格に向けて知識とスキルの向上に努めてきました。夢の実現のためには努力を惜しみません。

#scene2
新しいことへの挑戦で行動範囲が広がった

ジャズ研究会でサックスに挑戦。学園祭やクリスマスコンサートで演奏する機会もあり、聴くだけだったジャズがより身近な存在になりました。引っ込み思案だった私が行動的になれたのもジャズのおかげです。

#scene3
恵まれた環境を生かし多くの知識を吸収

勉強は図書館やサイバースペースコスモスで。専門的な学修と並行して他学科の授業も受講できるのがこの学部のいいところ。幅広い知識を身に付け、学ぶ楽しさを伝えられる教員になりたいです。

卒業生からのメッセージ

ゼミナールで鍛えた「実践力」で
世界へ羽ばたく

ダイハツ工業株式会社 経理室
小池 望さん
(経営学科2014年度卒業)

ダイハツ工業株式会社 経理室 小池 望さん

ものづくりの基盤である「人」が生き生きと働いている様子に惹かれ入社。税務担当を経て現在は連結決算業務、海外子会社の決算状況分析などを行っています。大学の講義で学んだ理論と金雲鎬先生のゼミナールで身に付けたビジネス全般の実践的な知識、さらにプレゼンテーション力や分析力が大きな糧になっています。また海外留学や海外インターンにより、語学力とともに広い視野を身に付けることができました。今期からはマレーシアの海外事業体へ出向。現地の人の考え方を肌で感じながらさらに成長したいと思っています。

TOP