機械工学科

TOP

実践的なセンスを養うPBL教育で
時代の要望に応えるエンジニアを養成

学びのキーワード 工場見学(航空宇宙コース)

学びのキーワード

  • 自動車工学
  • 航空宇宙工学
  • 機械創造
  • 材料力学
  • 製図
  • 3 次元グラフィックス
  • エンジン
  • ロボット工学
  • 運転支援システム

学びのステップ

基礎固め機械工学の基礎とものづくりを学ぶ

「機械力学」「材料力学」「熱力学」「流体力学」の力学系科目のほか、「制御工学」「電気・電子工学」「計測工学」「機械要素」「機械材料」「機械加工」など、「機械工学」に必要な基礎知識を幅広く学修。実習系科目では、座学での知識を実験で体験し、機械部品を図面にしたり、加工したり、ものづくりの過程を実践的に学びます。

実力アップ専門知識を修得し、エンジニア力を培う

自動車、航空宇宙、機械創造の3コースに分かれて、「自動車工学「」航空宇宙工学」「マシンツール」などの各コースに特化した専門科目などをより発展的に学びます。少人数グループで行うPBL(プロジェクトベースドラーニング)では、テーマに沿った機械やロボットを設計製作し、エンジニアとしての基礎力を培います。

未来づくり専門性の高い特色あるエンジニアに成長する

生産実習やキャリアデザインを通して自分の将来像を具体化し、卒業研究で機械工学に関連する先端研究に携わることで、専門性の高い特色あるエンジニアとして成長します。卒業後は、製造業を中心に機械工学が関連する幅広い分野への就職のほか、より高い専門性を身に付けるための大学院進学があります。

主な就職先

トヨタ自動車/凸版印刷/キヤノン/スズキ/SUBARU/京成電鉄/全日本空輸/東海旅客鉄道/東日本旅客鉄道/防衛省

学科の科目

専門教育科目

学科共通
機械力学Ⅰ及び演習/材料力学Ⅰ及び演習/機械製図学/機械要素Ⅰ・Ⅱ/★機械材料/熱力学Ⅰ及び演習/流体力学Ⅰ及び演習/機械力学Ⅱ/材料力学Ⅱ/機械加工学Ⅰ/電気・電子工学/計測工学/制御工学Ⅰ・Ⅱ/熱力学Ⅱ/★機械加工学Ⅱ/流体力学Ⅱ・Ⅲ/機械振動工学/★内燃機関/★人間・機械システム/★システム制御/有限要素法/伝熱工学/実験計画法/製作実習/3次元グラフィックス演習/基礎製図/基礎工学実験/メカトロニクス演習/機械設計製図Ⅰ・Ⅱ/機械工学実験A・B/CAD演習/ゼミナール/システムモデリング演習/卒業研究

自動車コース
自動車工学/軽量構造力学/ビークルダイナミクス/自動車エンジン/軽量材料

航空宇宙コース
航空宇宙工学/★軽量構造力学/航空宇宙推進機/航空機力学/軽量材料

機械創造コース
マシンツール/機械構造材料/ロボット工学/デザイン工学/★機械加工学Ⅲ

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

電気電子工学科

TOP

密度の高い教育で社会を支える
電気電子工学の最先端を学ぶ

学びのキーワード 実験風景

学びのキーワード

  • 電気工学
  • 電子工学
  • 制御工学
  • 情報通信
  • エネルギーシステム
  • e コミュニケーション
  • 電子回路
  • ナノテクノロジー
  • 高電圧

学びのステップ

基礎固め密度の高い教育で最先端を学ぶ

1年次から「エネルギーシステムコース」と「eコミュニケーションコース」に分かれ、密度の高い教育を行っています。電気工学、電子工学、制御工学、情報通信工学などの電気電子工学分野の基礎知識と創造性を身に付けることを目的に、現代社会ではなくてはならない電気電子工学に関する基礎力を養成します。

実力アップ専門知識と創造性を身に付けるプログラム

2年次には「電磁気学」「プログラミング」などを学び、3年次には「電力発生工学」「情報通信ネットワーク」などを専門的に学びます。実技も充実し、「電気電子工学実験」で専門技術を修得。時代の進歩や産業変革により急速に発展する電気電子工学の最先端を学ぶことを目標に、専門性を高めます。

未来づくり多様な業界で活躍する卒業生

電気・電子機器メーカーなどの製造業をはじめ、建設業や電気エネルギー産業、情報通信業、サービス業、卸・小売業などで多くの卒業生が活躍しています。また、約1割が将来、研究・開発職への就職を目指し、大学院に進学しています。

主な就職先

日本電産/YKK AP/JFEスチール/TDK/セイコーエプソン/SUBARU/小田急電鉄/東武鉄道/西日本旅客鉄道/東日本旅客鉄道

学科の科目

専門教育科目

学科共通
★電気数学Ⅰ・Ⅱ/電気電子工学特別講義Ⅰ・Ⅱ/電気数学演習/回路理論Ⅰ/★回路理論Ⅱ/プログラミング及び演習/★電磁気学Ⅰ・Ⅱ/★電気電子計測Ⅰ・Ⅱ/回路理論演習Ⅰ・Ⅱ/★電子回路Ⅰ・Ⅱ/電磁気学演習Ⅰ・Ⅱ/★情報理論/電気電子設計製図/★電気物性/★電気電子材料/★論理ディジタル回路/情報管理/★科学技術欧文技法Ⅰ・Ⅱ/電気電子設計/★過渡現象/★制御工学/数値計算法/★センサー工学/★コンピュータシステム/セーフティデザイン/医用機器工学/ロボットテクノロジ/電気電子工学実験Ⅰ〜Ⅴ/ゼミナール/卒業研究

エネルギーシステムコース
★回路理論Ⅲ/プラズマ工学/★電気機器Ⅰ・Ⅱ/★電気法規及び施設管理/★高電圧工学/★電力輸送工学/★電気化学/★非破壊検査工学/★照明工学/★電気音響工学/★電力発生工学/★パワーエレクトロニクス/電気設備/電力応用

eコミュニケーションコース
★電磁気学Ⅲ/半導体基礎/★情報通信工学/★伝送路システム/アンテナ工学/★コンピュータハードウエア/★電磁波工学/★マイクロ波工学/★半導体デバイス工学/★情報通信ネットワーク/★ワイヤレス通信システム/電波応用/★光工学/★通信法規/イメージテクノロジ/★ディジタル信号処理/★ナノテクノロジ/光通信システム/応用情報処理/組込み計算機システム

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

土木工学科

TOP

地域・企業との連携教育で、都市機能を
マネジメントする担い手を養成

学びのキーワード ブリッジコンテスト

学びのキーワード

  • 土木+経営
  • マネジメント力
  • シビル・エンジニア
  • 社会インフラ
  • 土木工学
  • 施工技術
  • 地震・防災
  • 環境工学
  • 地域再生

学びのステップ

基礎固め土木エンジニアとしての基礎力を養成

1年次には、学部、学科を横断したPBLによるチームワーク力を養成する「自主創造の基礎」などの基盤科目や、「土木工学基礎及び演習」などの専門教育科目を展開します。また、キャリア形成教育を1年次から行うことで、技術者の将来像を見据えた「たくましいエンジニア」になるための基礎力を身に付けます。

実力アップ課題解決力のあるエンジニアを目指す

2年次以降は、優秀なエンジニアになるための応用力を修得していきます。土木工学の基礎である「構造力学、土質力学、水理学」を学び、「技術者倫理」や「実学・協学重視」のさまざまな実習・演習科目を通して、課題認識・解決能力を養います。さらに、自分に合った専門工学科目を選択し専門性を高めていきます。

未来づくり世界の未来づくりができるエンジニアに

3年次からは、これまでの知識・技術を総合的に活用して、実務に対応できる基本能力と経営・管理能力を養うため、生産工学部独自のプログラム「生産実習」により企業や公的機関などでインターンシップを行います。そして卒業後は、土木工学の実践力と専門知識を身に付けた優秀なエンジニアを目指します。

主な就職先

東日本旅客鉄道/鹿島建設/大成建設/東海旅客鉄道/千葉県庁/千葉市役所/東京都庁/文京区役所/神奈川県庁/横浜市役所

学科の科目

専門教育科目

環境・都市コース
土木工学基礎及び演習Ⅰ・Ⅱ/土木材料学/★構造力学及び演習Ⅰ・Ⅱ/★土質力学及び演習Ⅰ・Ⅱ/★水理学及び演習Ⅰ・Ⅱ/★コンクリート工学/★測量学Ⅰ・Ⅱ/★橋梁工学/★河川工学/道路工学/★水環境浄化システム/★施工技術/★鉄筋コンクリート工学/構造工学/★地盤工学/★海岸港湾工学/★環境工学/★施工管理/★都市システム工学/★地震・防災工学/★土木計測・処理法/メンテナンス工学/空間情報工学/資源再生工学/エネルギー物質応用学/土木生産製図/土木設計製図Ⅰ・Ⅱ/測量実習Ⅰ・Ⅱ/土木CAD演習/ゼミナール/構造・コンクリート実験/水工・衛生実験/土質・道路実験/土木工学演習/卒業研究

マネジメントコース(JABEE認定コース)
土木工学基礎及び演習Ⅰ(S)・Ⅱ(S)/土木材料学(S)/構造力学及び演習Ⅰ(S)・Ⅱ(S)/土質力学及び演習Ⅰ(S)・Ⅱ(S)/水理学及び演習Ⅰ(S)・Ⅱ(S)/コンクリート工学(S)/測量学Ⅰ・Ⅱ(S)/橋梁工学(S)/河川工学(S)/道路工学(S)/水環境浄化システム(S)/施工技術(S)/鉄筋コンクリート工学(S)/構造工学(S)/地盤工学(S)/海岸港湾工学(S)/環境工学(S)/施工管理(S)/地域再生論(S)/テクニカルイングリッシュⅠ(S)・Ⅱ(S)/メンテナンス工学(S)/国際建設情報(S)/プロジェクトマネジメント(S)/土木生産製図(S)/土木プロジェクト演習(S)/土木設計製図Ⅰ(S)・Ⅱ(S)/測量実習Ⅰ(S)・Ⅱ(S)/土木CAD演習(S)/土木工学演習(S)/ゼミナール(S)/構造・コンクリート実験(S)/水工・衛生実験(S)/土質・道路実験(S)/卒業研究(S)

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

建築工学科

TOP

多彩な領域を横断して考える能力を養い、
プロジェクトを推進する実践力を身に付ける

学びのキーワード 建築設計(居住空間デザインコース)

学びのキーワード

  • マネジメント能力
  • 横断的な学び
  • オーガナイザー
  • 建築デザイン
  • 居住空間デザイン
  • 建築構造デザイン
  • 建築・都市計画
  • 建築環境・設備
  • 建築材料・施工

学びのステップ

基礎固め建築工学にかかわる理論を段階的に学ぶ

建築とは人間の居場所を構築すること。建物だけでなく、街・地域をつくり、人々に豊かさや潤いを与えます。計画・設計から施工、維持保全まで一貫した総合教育プログラムに基づく建築工学の基礎的学びを展開。空間体験や演習・実技に協働して取り組み、知識の定着をスタートから発展まで段階を踏んで、有機的に学びます。

実力アップ協働してプロジェクトを推進する総合力

自分の頭で考え、身体を使うアクティブラーニングを実践。計画・設計から施工、建築を取り巻く環境まで、さまざまな専門領域を学びます。建築関連の知識を統合するプロジェクトが各授業を横断して組み込まれ、自ら課題を見出し、解決方策を探究します。発展的学びを通し、課題解決能力、実践的能力を身に付けます。

未来づくり多彩な領域を統合する横断的なマネジメント力

積み重ねてきた知識を有機的・体系的に展開。創造力・表現力・総合力と多彩な分野を超えて考えるマネジメント力を養います。一級建築士資格への対応科目と特色ある教育プログラムを両立し、学部から大学院まで体系化されたカリキュラムを構築。建築工学に関わる専門分野をより深く学び、実践的に空間・環境を創造します。

主な就職先

鹿島建設/大林組/大成建設/大和ハウス工業/高砂熱学工業/竹中工務店/新京成電鉄/乃村工藝社/千葉県庁/文京区役所

学科の科目

専門教育科目

学科共通
★建築概論/★一般構法/★建築構造力学Ⅰ〜Ⅲ/建築構造力学Ⅰ〜Ⅲ演習/★建築計画Ⅰ・Ⅱ/★建築環境工学Ⅰ・Ⅱ/★建築史Ⅰ・Ⅱ/★建築法規/★建築材料Ⅰ・Ⅱ/★建築応用力学/★木質構造/建築応用力学演習/★鉄筋コンクリート構造/★建築施工Ⅰ/★建築設備Ⅰ・Ⅱ/★都市計画/鉄筋コンクリート構造演習/★鉄骨構造/鉄骨構造演習/★建築維持保全/建築デザイン/★プロジェクトマネジメント/建築設計Ⅰ~Ⅴ/特別設計Ⅰ/建築実験Ⅰ/ゼミナールA・B/総合設計/卒業研究

建築総合コース
★集合住宅論/地盤工学/★地震工学/建築施工Ⅱ/施設計画/風工学/建築実験Ⅱ/建築設計Ⅵ

建築デザインコース
デザイン論/設計論/環境デザイン/★集合住宅論/エクステリアデザイン/建築設計Ⅵ/特別設計Ⅱ・Ⅲ

居住空間デザインコース
住居学/住居史/★集合住宅論/照明デザイン/エクステリアデザイン/家具デザイン/住宅設計表現演習/インテリアデザイン/建築設計Ⅵ

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

応用分子化学科

TOP

グリーンケミストリーの概念に基づき
創造性、独創性を有する技術者を養成

学びのキーワード エンジニアリングデザイン型実験「応用分子化学実験Ⅲ(S)」の風景

学びのキーワード

  • サスティナブル
  • 環境にやさしい
  • 物質デザイン
  • 生命化学
  • 有機化学
  • 無機化学
  • 高分子
  • 遺伝子工学
  • 国際化学技術者

学びのステップ

基礎固め化学技術者を目指す上で不可欠な学び

1・2年次には教養科目や英語や数学、物理などの基盤科目を履修。同時に、物質デザイン・生命化学・国際化学技術者の各コースにおいて,「有機化学」「無機化学」「物理化学」「分析化学」「高分子化学」「生物化学」「化学工学」の関連科目を段階的に履修し、化学技術者として必要不可欠な基礎固めを行います。

実力アップものづくりに役立つ化学技術を実体験

物質デザインコースでは触媒反応工学など、生命化学コースでは酵素工学など、そして国際化学技術者コースでは高分子材料工学(S) など、ものづくりに直結する学びの機会を用意。また、プロジェクト演習や生産実習を通し「研究」「開発」「製造」「流通」など段階的にものづくりを捉えられるよう成長していきます。

未来づくり化学技術者としての未来予想図を描く

物質デザイン・生命化学コースでは特別講義やゼミナールでグローバルに活躍する自分の未来予想図を描き、卒業研究で集大成を迎えます。国際化学技術者コースでは「化学プロセスデザイン(S)」と「応用分子化学実験Ⅲ (S)」さらに「卒業研究(S)」においてエンジニアリングデザイン能力を伸ばし、技術者を目指す自分を意識できます。

主な就職先

東京エレクトロン/日揮/ミヨシ油脂/山崎製パン/凸版印刷/ナカバヤシ/佐藤製薬/日野自動車/船井総合研究所/葛飾区役所

学科の科目

専門教育科目

学科共通
基礎物理化学/基礎無機化学/無機化学Ⅰ・★Ⅱ/★化学熱力学/★化学動力学/★化学工学Ⅰ・Ⅱ/★分析化学Ⅰ・Ⅱ/★基礎有機化学/有機化学★Ⅰ~Ⅲ/★生物化学/★分子構造解析学/物質・生命化学入門/★量子化学/★界面化学/★高分子化学/★グリーンケミストリー/応用分子化学実験Ⅰ~Ⅲ/応用分子化学演習Ⅰ・Ⅱ/★化学英語Ⅰ・Ⅱ/ゼミナール/化学情報処理演習/卒業研究

物質デザインコース
★分離プロセス工学/★無機資源化学/★有機資源化学/★触媒反応工学/★電気化学/★無機材料工学/★高分子材料工学/物質デザイン演習

生命化学コース
★生体分子分析学/★分子生物学/★遺伝子工学/★生体高分子化学/★酵素工学/★微生物工学/★細胞工学/生命化学演習

国際化学技術者コース(JABEE認定コース)
基礎無機化学(S)/基礎有機化学(S)/基礎物理化学(S)/無機化学Ⅰ・Ⅱ(S)/有機化学Ⅰ~Ⅲ(S)/化学熱力学(S)/化学数学(S)/分析化学Ⅰ・Ⅱ(S)/化学動力学(S)/化学工学Ⅰ・Ⅱ(S)/分子構造解析学(S)/生物化学(S)/量子化学(S)/高分子化学(S)/無機資源化学(S)/電気化学(S)/分子生物学(S)/有機資源化学(S)/界面化学(S)/高分子材料工学(S)/分離工学(S)/プロセス工学(S)/生物工学(S)/グリーンケミストリー(S)/無機材料工学(S)/応用分子化学実験Ⅰ〜Ⅲ(S)/応用分子化学演習Ⅰ〜Ⅲ(S)/化学英語Ⅰ〜Ⅲ(S)/化学プロセスデザイン(S)/化学情報処理演習(S)/卒業研究(S)

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

マネジメント工学科

TOP

データサイエンスと経営を活用する
次世代の技術者を養成

学びのキーワード ゼミナールⅠ

学びのキーワード

  • データサイエンス
  • マーケティング
  • 商品開発
  • 経営システム
  • 経営戦略
  • ワークデザイン
  • 生産工学
  • 経営品質
  • フードマネジメント

学びのステップ

基礎固め経営、ビジネスに役立つ基礎づくり

1・2年次には情報や工学に関する基礎を学びつつ、企業経営から生産現場、販売・流通、サービスまで実務に直結できる「アカウンティング」「経営管理」「生産管理」「品質管理」「販売流通管理」などからマネジメント工学科の基本体系を学修。さらにビジネスに関して的確な分析・予測を行うための手法を身に付けます。

実力アップ実務に役立つ幅広い技術や知識を修得

2・3年次には社会が求める製品やサービスの企画、それを実現するためのシステム開発、運用方法を「マーケティング」「経営戦略」「情報ネットワーク」などから学び、実践的な検討も行います。さらに「研究室」において各自の関心の高いマネジメント工学領域の研究を始めます。最新のデータサイエンスや人工知能AIに関する研究にも携われます。

未来づくりさまざまな企業・業界に広がる可能性

4年間を通して、マネジメント工学を体系的に修得し、ビジネス実務、企業経営について工学的、論理的な思考力を身に付けます。将来に向けてのキャリアデザインもしっかりと構築します。卒業後はメーカー、流通・物流業、情報サービス業などのマネジメント工学の知識を生かせる企業や大学院進学など、幅広い分野での活躍が期待できます。

主な就職先

伊藤園/ブルボン/富士電機/本田技研工業/ソニーミユージックグループ/ニトリ/三菱鉛筆/カプコン/そごう・西武/警視庁

学科の科目

専門教育科目

学科共通
★マネジメント工学総論/アカウンティング/工学基礎/情報科学/フードマネジメント概論/生産工学概論/人的資源管理/経営情報論/品質管理/販売流通管理/情報システム/商品企画開発/品質工学/グローバルマネジメント/基礎製図/マネジメント工学実験Ⅰ・Ⅱ/コンピュータ演習Ⅰ・Ⅱ/ゼミナールⅠ・Ⅱ/マネジメント工学実習Ⅰ・Ⅱ/卒業研究

ビジネスマネジメントコース
経営法規/★ワークデザイン/在庫・物流管理/管理会計/経営統計/経営戦略/企業評価/★顧客・販売戦略/組織とリーダーシップ/知的財産管理/★生産性工学/リスクマネジメント/プロジェクトマネジメント/★サプライチェーンマネジメント/マーケティング/経営品質マネジメント/環境マネジメント/ネットマーケティング

経営システムコース
生産技術/情報処理基礎/経営戦略/信頼性工学/経営統計/人間工学/人間-機械システム/マーケティング/意思決定論/社会シミュレーション/システム方法論/データベースシステム/経営品質マネジメント/プロジェクトマネジメント/デザインエンジニアリング/情報工学/オペレーションズリサーチ/環境マネジメント/ネットマーケティング

フードマネジメントコース
★ワークデザイン/在庫・物流管理/経営統計/管理会計/フードサプライシステム/海外市場展開/経営戦略/マーケティング/情報工学/チェーンストア論/★顧客・販売戦略/オペレーションズリサーチ/★生産性工学/経営品質マネジメント/データベースシステム/★サプライチェーンマネジメント/プロセス&サービスイノベーション/ホスピタリティマネジメント/環境マネジメント/ネットマーケティング

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

数理情報工学科

TOP

高度情報化社会の諸課題を解決できる
情報処理技術者を目指す

学びのキーワード 講義風景「コンピュータグラフィックス」

学びのキーワード

  • 数理工学
  • 情報工学
  • メディアデザイン
  • ソフトウェア開発
  • システム解析
  • プログラミング
  • Web デザイン
  • CG デザイン
  • ゲーム

学びのステップ

基礎固めIT技術の基礎を幅広く修得

高度情報化社会の中核で活躍できるIT技術者となるために、IT技術の基礎を幅広く修得します。プログラミング言語やコンピュータの基礎的な理解に始まり、問題をプログラムで表現するために必要となる数理工学の知識、さらにはCGやWebデザインなどのメディアデザイン工学について学びます。

実力アップコース別に専門分野をさらに深く学ぶ

情報工学、数理工学、メディアデザインの3コースに分かれ、3年次で研究室に所属し専門分野についてさらに深く学修。高年次ではソフトウェア工学、ネットワークなどの専門科目が開講されます。また、プロジェクト演習や卒業研究で問題解決の実践的能力を培いつつ、コミュニケーションや発表スキルを磨きます。

未来づくり多様な業界への就職に向けた意識作りと準備

情報系技術者へのニーズは異業種の企業でも高まってきており、多様な業界への就職が可能です。基本/ 応用処理技術者やCG検定の取得サポート、キャリアデザイン演習、IT企業での生産実習(インターンシップ) を通して、早い段階からIT企業での就職に向けた意識づくりと準備を行います。

主な就職先

インターネットイニシアティブ/アルプスアルパイン/日本電気/シャープ/東芝/ニトリ/セガゲームス/富士通/東京地下鉄/千葉県教育委員会

学科の科目

専門教育科目

学科共通
プログラミング及び演習Ⅰ・Ⅱ/コンピュータ概論/離散数学/★アルゴリズムとデータ構造/確率統計解析/★情報メディア/線形空間論/★応用解析学/オブジェクト指向及び演習/★情報化社会と情報倫理/ソフトウェア構築及び演習/★コンピュータアーキテクチャー/★オートマトン/★メディア数理/ソフトウェア工学概論/データベースシステム/★オペレーティングシステム/★情報ネットワーク/人工知能/コンパイラ/アルゴリズムとデータ構造演習/UNIX演習/ゼミナール/数理情報工学演習/卒業研究

数理情報システムコース
モデリング&デザイン/★数理計画法/複雑系と創発/計算論/システム解析/★ダイナミックス/★数値シミュレーション/★組合せ最適化/幾何学/★カオスと情報処理/★計測と制御/多変量データ解析/★意思決定システム/コンピュータグラフィックス/数理情報システム実験

メディアデザインコース
CGデザイン及び演習/ヒューマンインタフェース/ディジタル画像設計論/コンピュータアニメーション/Webデザイン/ゲームプログラミング及び演習/マルチメディアデータ論/★情報理論/メディアと社会/グラフィックス幾何学/情報セキュリティ

情報工学コース(JABEE認定コース)
プログラミング及び演習Ⅰ・Ⅱ(S)/コンピュータ概論(S)/離散数学(S)/アルゴリズムとデータ構造(S)/ソフトウェア工学概論(S)/コンピュータアーキテクチャー(S)/オブジェクト指向及び演習(S)/ソフトウェア構築及び演習(S)/数理計画法(S)/オートマトン(S)/オペレーティングシステム(S)/データベースシステム(S)/計算論(S)/ヒューマンインタフェース(S)/線形空間論(S)/確率統計解析(S)/情報化社会と情報倫理(S)/アルゴリズムとデータ構造演習(S)/UNIX演習(S)/情報ネットワーク(S)/情報セキュリティ(S)/人工知能(S)/形式論理(S)/情報理論(S)/情報メディア(S)/プログラミング言語論(S)/データマイニング(S)/コンパイラ(S)/数値シミュレーション(S)/組合せ最適化(S)/インターネットプログラミング(S)/コンピュータグラフィックス(S)/カオスと情報処理(S)/ゼミナール(S)/数理情報工学演習(S)/卒業研究(S)

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

環境安全工学科

TOP

環境と科学技術の共生を図りながら
安全社会を構築する技術者を養成

学びのキーワード 「自主創造の基礎2」水の浄化実験

学びのキーワード

  • SDGs
  • スマートグリッド
  • 環境材料
  • 省エネルギー
  • インフラメンテナンス
  • 環境計測
  • 再生可能エネルギー
  • 環境マネジメント
  • まちづくり

学びのステップ

基礎固め環境問題に関する基礎を段階的に学習

1年次に設置されている都市環境の問題点や課題を俯瞰的に学べる「都市環境工学」やエネルギーの利用や活用、その安全性を学べる「環境物質化学」などを通して、環境共生技術やエネルギー創出技術へ繋がる基礎の学びを展開。「応用力学および演習」などで、都市を構成している構造物の基礎も学びます。

実力アップ実践的で高度な専門知識を身に付ける

環境共生技術に繋がる都市環境景観工学や環境生態調査、エネルギー創出技術に繋がるエネルギー化学、エネルギー変換システムなど実践的で高度な専門知識をコースごとに構築されたカリキュラムを通して効率よく学修。さらに専門の実験実習で実践力も身に付けます。

未来づくり地球環境を守る高度な技術者として社会貢献

4年間を通して修得した環境/エネルギー問題に関する知識や、問題発見能力・解決能力などをベースに生産実習(インターンシップ)の実施や資格取得も可能。卒業後は、環境共生・エネルギー分野を中心とする製造業・建設業などへの就職や、機械・土木・応用分子化学専攻への大学院進学などの選択肢があります。

主な就職先

キユーピー/清水建設/荏原製作所/いすゞ自動車/ダイハツ工業/スカイマーク/東海旅客鉄道/りそなホールディングス/国土交通省/千葉県庁

学科の科目

専門教育科目

学科共通
環境物質化学/都市環境工学/物理化学および演習/応用力学および演習/有機化学および演習/流体力学および演習/図学および製図/エレクトロニクス/★環境安全科学/★都市環境景観工学/設計工学/材料化学/ランドサーベイ/★リスクマネジメント/★環境衛生工学/★ライフサイクルアセスメント/★アーバンデザイン/製造化学/コンストラクションマネジメント/★環境分析学/環境アセスメント/★アセットマネジメント/環境マネジメント/環境安全工学実験Ⅰ~Ⅲ/インターナショナルコミュニケーションⅠ・Ⅱ/環境安全工学総合演習/ゼミナールⅠ・Ⅱ/卒業研究

環境安全コース
無機化学/地盤力学/★環境生態調査/★分析化学/★マテリアルセーフティ/★環境材料工学/★バイオ利用科学/★防災科学/国土情報学/化学物質管理/構造化学

環境エネルギーコース
熱力学/メカトロニクス/★エネルギー化学/★エネルギー変換システム/★計測と制御/移動現象論/材料力学/★燃焼工学/★エネルギー利用科学/空気調和工学/電気化学

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

創生デザイン学科

TOP

工学・技術・芸術に基づくデザイン思考で
「ヒトとモノ」がわかるデザイナーを養成

学びのキーワード 「立体デザイン演習」

学びのキーワード

  • デザイン思考
  • デザイン材料
  • UXデザイン
  • プロダクトデザイン
  • 空間デザイン
  • ソーシャルデザイン
  • サスティナブルデザイン
  • 人間工学
  • 商品企画・ブランディング

学びのステップ

基礎固めデザイン思考の基礎的な知識と技術を習得

工学的な知識や技術、スキルや経営を基礎とし、多様性に富んだ「デザイン思考」を養うことで、芸術やテクノロジーを活用した問題解決能力を身に付けることを目的としています。その第一歩となる1・2年次では、デザイン概論、デザイン材料、人間工学、デザイン実験・演習・製図、プログラミングなどを学びます。

実力アップ実技科目でデザイン思考を実践する

2年次後期からは、工業製品など「ヒト」と「モノ」との関係性を対象にした「プロダクトデザインコース」、または居住空間など「空間」と「ヒト」との関係性を対象にした「空間デザインコース」に分かれます。デザインの専門知識と技術を身に付け、デザインスタジオ、ゼミナール、卒業研究などで「デザイン思考」を実践します。

未来づくり学びから獲得した実践力を生かし幅広い進路へ

4年間の学びから、グローバル化による人々の価値観やニーズの多様化に対応し、「ヒトとモノのことが分かる」デザイナー、デザインエンジニアとしての実践力を修得します。研究・開発、企画・設計、製造・施工、販売・サービス業など幅広い業種への就職、高い専門性と幅広い視野を養うために大学院への進学も可能です。

主な就職先

日産自動車/三井デザインテック/紀文食品/SUBARU/日産車体/ニトリ/UUUM/ファミリーマート/成田エアポートテクノ/墨田区役所

学科の科目

専門教育科目

学科共通
基礎デザイン概論/図学/社会と生活/人間工学/ものづくり概論/色彩・明視論/インタラクションデザイン/デザイン史/プログラミング/デザイン材料学/デザイン実験/デザイン心理/インテリアデザイン/アルゴリズミックデザイン/★商品企画とブランディング/★ユニバーサルデザイン/エルゴノミクスデザイン/★感性工学/★シミュレーションと最適化デザイン/★ソーシャルデザイン/サウンドスケープ/プレゼンテーション/★照明デザイン/材料力学及び演習/★サスティナブルデザイン/センシング技術/★メディアデザイン/CAE/構造力学/基礎デザイン演習/平面デザイン演習/CAD演習/立体デザイン演習/デザイン基礎製図/デザインスタジオⅠ~Ⅲ/デザイン製図Ⅰ・Ⅱ/創生プロジェクト演習/ゼミナールA・B/造形表現演習/卒業研究

プロダクトデザインコース
機械要素/機械工学/加工技術

空間デザインコース
空間設計/空間計画/空間構法

※2021年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

TOP