メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

確かな知識と臨機応変な対応力を
備えた薬局薬剤師を目指して

薬学科5年 上原 由姫子さん(私立昭和学院秀英高等学校卒)

薬学科5年 上原 由姫子さん

#scene1
国家試験合格に向け
決意を新たにした4年次の実習

社会において今後ますます必要とされる薬剤師の仕事に魅力を感じ、国家試験に強い日本大学薬学部に入学しました。今までで印象に残っているのは4年次のプレ実務実習。模擬患者さんを相手に来局者対応を学んだり、調剤の手順を実際に機器を使いながら学んだりするものです。医療現場では薬の知識はもちろんのこと、患者さんや他職種の方とのコミュニケーションが重要で、臨機応変な対応が求められることも実感しました。薬剤師になるのだという意識がさらに高まり、人間としても成長できたと思います。薬局薬剤師になるという目標を実現するまでは努力を惜しみません。

#scene2
サークル活動で他学部との交流も

3年次の秋までBLAZEというダンスサークルに所属していました。その活動を通して理工学部や生産工学部といった他学部の学生と交流できたのも、総合大学ならではの貴重な経験でした。

#scene3
薬学部生必携の分厚いテキスト

このテキストは共用試験も含め、国家試験に必要なことが全部詰まった薬学部生の必需品です。4年次から毎週土曜日に外部講師による国家試験対策の講義があり、そこでも活用しています。

卒業生からのメッセージ

薬剤師として広く社会に
貢献できる公務員の道へ

千葉県印旛健康福祉センター(印旛保健所) 企画課 技師
米山 捷平さん
(薬学科2016年度卒業)

千葉県印旛健康福祉センター(印旛保健所) 企画課 技師 米山 捷平さん

印旛管内の薬局、医薬品販売業、医療機器販売業などの申請や届出の受理、監視指導が主な業務です。そのほか薬物乱用防止対策など多岐にわたる業務に携わっています。薬局や病院勤務を希望する学生が多い中で公務員を志したのは、学んだことを広く社会に生かしたいと考えたから。現在の仕事では、立場の異なる人それぞれの立場を理解した上で調整するべき場面が多くあり、大学で修得した課題を複数の視点から考える力がいきています。今後さらに広い視野と柔軟な思考を身に付け、経験を積み、社会に貢献していきたいです。

TOP