就職支援

満足度の高い就職を目指して、全学での支援体制

受験生の皆さんは、大学生活のその先にある進路についてどんな未来を考えていますか。
日本大学は、入学から卒業、そして就職までを学生一人ひとりの人生にとって重要な時間と考え、学生を支援しています。
学生がホームページやSNSなどのwebからの情報だけに頼らず、実際に自分が足を運んで得たリアルな情報を基にした、コミュニケーション重視の就職活動を行うことを方針としています。各学部の特色を生かしたさまざまな支援プログラムも数多く開催し、きめ細かい指導をしています。

就職支援のポイント

01学部間の連携を生かした強力な支援体制!

日本大学では、全学で約70名の専任の就職支援スタッフを配置し、各学部との連携により強力な支援体制を整えています。この人数は全国の大学のなかでもトップクラスであり、本学の就職支援に対する積極的な姿勢がここに表れています。

02118万人の校友が就職を支えます!

日本大学は卒業生数が約118万人と、日本一の校友ネットワークを、社会の中にしっかりと築いています。社長として活躍している卒業生の数も、30年以上にわたってトップの座をキープしており、頼もしい存在として本学の就職を支えています。また、就職支援行事の中に、卒業生と交流するイベントもあります。

03日大生のための就職サイト「NU就職ナビ」

「NU就職ナビ」は、日本大学の学生向けの求人情報や企業情報などが検索できる本学独自の就職活動支援サイトです。本学の在学生であれば誰でも利用でき、約22万件の企業情報や1万件以上の求人情報に加え、卒業生情報・先輩たちの就職活動報告書などが掲載されているので、就職活動の強い味方として、独自の情報コンテンツが満載です。このサイトは、学外のパソコンやスマートフォンからもアクセスすることができるため、時間を上手に活用して情報収集することが可能です。

「NU就職ナビ」

04全国から1万件を超える求人依頼UIターンの関するイベントも充実

全国トップクラスの規模となる人事担当者の講演や担当者と直接面談できる「合同企業研究会・就職セミナー」をはじめ、卒業後は地元での就職や地方公務員を希望する学生に対する就職イベントも充実しています。地域の企業の特色や生活の魅力をお伝えするとともに、学生が抱えている疑問に答える機会として、全国の道府県のU・Iターン担当者が集結しセミナーを開催。U・Iターン活動の専門家の方による活動の進め方などに関する講演を聞くことができます。また、現在、30以上の地域と、相互に連携・協力をし、就職活動支援に取り組む「就職支援協定」を締結しています。さらに、あらゆる分野で活躍する卒業生の実績により、本学は社会から高い期待を寄せられており、毎年全国から1万件を超える求人依頼があります。総合大学としての力に加え、全国で活躍する卒業生の絆が在学生の就職活動を支えています。

TOP