メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

進みたい分野を見極めるための2年間。
毎日意欲的に勉強しています。

ものづくり・サイエンス総合学科2年 清水 謙吾さん(私立獨協高等学校)

ものづくり・サイエンス総合学科2年 清水 謙吾さん

#scene1
2年間の学びから、
自分に適したコースを選択できる

高校時代から情報科学を学びたかったので、まずは自分に適した分野を絞り込むために、2年間で情報科学をひと通り学ぶ短期大学部に進学しました。2年という短い期間で数多くの履修科目を学ぶので、毎日勉強に追われていますが、吸収力のある今の時期にしかできないこととして頑張っています。4年制大学に編入学を想定しており、短大の学びの中で興味の湧いた分野を深く学びたいので、日本大学理工学部の応用情報工学科か、生産工学部の数理情報工学科を目指しています。

#scene2
併設する4年制学部との強いつながり

短期大学部の船橋校舎は、4年制の理工学部に併設しています。つながりが強く、2学部の合同の学部祭(桜理祭)があり、実行委員会のメンバーを務めています。理工学部の情報が得られ、編入学に役立っています。

#scene3
学内のパソコン室は
予約なしで使えて便利

USBメモリは必需品。自分用のパソコンをほぼ毎日持って通学していますが、体育の授業がある日は荷物が多くて重くなるから持って来ないことも。これさえあれば、パソコン室で予習・復習や課題に取り組めます。

卒業生からのメッセージ

日本大学で学んだ全てが
今の仕事に生きている

篠崎若葉幼稚園 管理栄養士
川久 有紀さん
(食物栄養学科2009年度卒業、 専攻科食物栄養専攻2011年度卒業)

篠崎若葉幼稚園 管理栄養士 川久 有紀さん

幼稚園で献立作成と栄養管理、調理室の衛生管理などの給食業務に従事しています。給食室と教室が近いため大好きな子どもたちと直接関わることができ、また先生方からも感想や意見を聞くことができる恵まれた環境で、より良い給食を目指して日々努力しています。大学時代、学内の授業や実習で基礎を固めた上で、学外実習において実践的に学べたことは私の大きな財産。これからもおいしく栄養バランスの良いメニュー、苦手な食べ物の克服につながるメニューづくりを通して子どもたちの成長に関わっていきたいです。

TOP