法律学科(第二部<夜間部>併設)

TOP

進路に合わせた2つのコースを用意
社会で活用できるリーガルマインドを身に付ける

学びの特色 法職課程在籍者を対象とした「自主創造の基礎」科目の
「安全な街作り」 をテーマにしたグループ発表

学びの特色

法律は、社会が秩序を保つためになくてはならない基盤となるルールです。つまり、法律学の知識は専門家のみならず、世の中の仕組みを理解し、現代社会に生きる上で必要不可欠なものといえます。法律学科が目指しているのは、リーガルマインドや専門知識を身に付け、社会問題や日常のもめごと、ビジネスにおける諸問題に対応できる「法律のプロフェッショナル」を養成することです。また、それぞれの目指す進路に合わせて2つの課程を用意しています。「法職課程」(第一部のみ)では、法曹(裁判官・検察官・弁護士)や難易度の高い各種資格試験合格を目指します。「総合法コース」は法律一般を幅広く主体的に学び、公務員や民間企業で活躍できる力を身に付けます(法職課程は一部の入学試験を除いて出願時に選択)。併設の第二部では、第一部と同様の講義が夜間に設置され、また第一部の講義も履修することができます。

進路

卒業生の多くは、公務員、流通、サービス業、金融・保険業に進みます。また、実践的なカリキュラムで培った専門知識を生かして、法曹に携わる人材も多数輩出しています。

主な就職先

国税庁東京国税局/サッポロビール/日本航空/みずほフィナンシャルグループ/日本生命保険/日本郵便/警察庁皇宮警察本部/宮城県庁/警視庁/横浜市役所

学科の科目

基幹科目

★法学Ⅰ/★憲法Ⅰ(人権)/★憲法Ⅱ(統治機構)/★行政法Ⅰ・Ⅱ/★民法Ⅰ(民法総則)/★民法Ⅱ(物権法)/★民法Ⅲ(担保物権法)/★民法Ⅳ(債権法総論)/★民法Ⅴ(債権法各論)/★民法Ⅵ(親族法)/★民法Ⅶ(相続法)/★商法Ⅰ(会社法)/★商法Ⅱ(商取引法)/★商法Ⅲ(支払システム法)/★商法Ⅳ(保険法)/★商法Ⅴ(運送法)/★民事訴訟法/★民事執行・保全法/★刑法Ⅰ・Ⅱ/★刑事訴訟法Ⅰ・Ⅱ

展開科目

★法哲学Ⅰ・Ⅱ/★ローマ法Ⅰ・Ⅱ/★日本法制史Ⅰ・Ⅱ/★東洋法制史Ⅰ・Ⅱ/★西洋法制史Ⅰ・Ⅱ/★法思想史Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(英米)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(独)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(仏)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(EU)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(アジア)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(英米)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(独)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(仏)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(EU)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(アジア)Ⅰ・Ⅱ/★税法Ⅰ(基礎理論Ⅰ)/★税法Ⅰ(基礎理論Ⅱ)/★税法ⅡA(所得税法)/★税法ⅡB(法人税法)/★税法ⅢA(資産税法)/★税法ⅢB(消費・諸税法)/★国際関係法〔公法系〕AⅠ・Ⅱ/★国際関係法〔公法系〕BⅠ・Ⅱ/★国際関係法〔私法系〕AⅠ・Ⅱ/★国際関係法〔私法系〕BⅠ・Ⅱ/★倒産法Ⅰ・Ⅱ/★労働法Ⅰ・Ⅱ/★経済法Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法A(特許・実用新案)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法B(意匠)/★知的財産法C(商標・不正競争)/★知的財産法D(著作権)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法E(関連条約)Ⅰ・Ⅱ/地方自治法Ⅰ・Ⅱ/比較憲法Ⅰ・Ⅱ/★経済刑法Ⅰ・Ⅱ/★少年法Ⅰ・Ⅱ/★刑事政策Ⅰ・Ⅱ/★経済行政法Ⅰ・Ⅱ/★社会保障法Ⅰ・Ⅱ/★金融商品取引法Ⅰ・Ⅱ/★金融法Ⅰ・Ⅱ/★メディア法Ⅰ・Ⅱ/★情報法Ⅰ・Ⅱ/★法律外国語AⅠ・Ⅱ/★法律外国語BⅠ・Ⅱ/★法律外国語CⅠ・Ⅱ/法医学Ⅰ・Ⅱ/★政治学原論/★現代政治理論/★ミクロ経済学Ⅰ/★マクロ経済学Ⅰ/★経営学Ⅰ・Ⅱ/★会計学Ⅰ・Ⅱ/★簿記原理Ⅰ・Ⅱ/★行政学Ⅰ・Ⅱ/★財政学Ⅰ・Ⅱ/★社会保障論Ⅰ・Ⅱ/★国際経済論Ⅰ・Ⅱ

演習関連科目

★法学特殊講義(ジェンダーと法)Ⅰ・Ⅱ/★法学特殊講義(現代不法行為と法)Ⅰ・Ⅱ/法学演習AⅠ・Ⅱ/法学演習BⅠ・Ⅱ/法学演習CⅠ・Ⅱ/法学演習DⅠ・Ⅱ/法学演習EⅠ・Ⅱ/★公法特殊講義Ⅰ(憲法)A・B/★公法特殊講義Ⅱ(行政法)A・B/★民事法特殊講義Ⅰ(要件事実)A・B/民事法特殊講義Ⅱ(判例演習)A・B/★民事法特殊講義Ⅲ(会社法)A・B/★民事法特殊講義Ⅳ(商法)A・B/★民事法特殊講義Ⅴ(不動産登記法)/★民事法特殊講義Ⅵ(商業登記法)/★民事法特殊講義Ⅶ(民事手続法)A・B/★刑事法特殊講義ⅠA・B/★刑事法特殊講義ⅡA・B/★刑事法特殊講義ⅢA・B/★刑事法特殊講義ⅣA・B/ゼミナール

※2020年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

政治経済学科

TOP

社会を支える政治と経済を総合的に学び
現代社会を読み解く視点や主体性を身に付ける

学びの特色 南インドのガンディグラム大学の学生と
「地球環境問題」をテーマにワークショップ

学びの特色

政治と経済は、社会全体を支える営みです。政治経済学科では、政治学を中心に、経済、そして法律などを総合的に学び、複雑多岐にわたる現代社会を複眼的に読み解く視点や主体的な行動力を身に付けます。学生の将来の目標に合わせて、「Global(国際)」「National(日本)」「Local(地方)」「Theory(理論)」をキーワードにした4つのコースを設置。「国際政治経済コース」では、世界の政治・経済を分析し、外務省などの政府機関や国際機関などで活躍できる知識と語学力を養います。「日本政治コース」では、日本政治の理論的分析を行い、日本の政治社会や民間企業で指導的役割を担う人材を養成。「地方行財政コース」では、地方政治・行政・財政などの知識を身に付け、地域社会の発展に貢献できる能力を養います。そして「政治経済理論コース」では、多くの領域にまたがる政治学・経済学の理論を体系的に研究します。

進路

進路については、幅広い道が開けているのが特長です。銀行・証券・保険などの金融・保険業、流通業、サービス業をはじめ、公務員も多く、製造業、不動産業などで活躍している卒業生もいます。

主な就職先

衆議院事務局/三菱総研DCS/JALカーゴサービス/東日本高速道路/SMBC信託銀行/千葉銀行/みずほ証券/独立行政法人労働者健康安全機構/国土交通省/神奈川県庁

学科の科目

基幹科目

★政治学Ⅰ・Ⅱ/★経済学Ⅰ・Ⅱ/★国際政治学Ⅰ・Ⅱ/★日本政治論Ⅰ・Ⅱ/★地方自治論Ⅰ・Ⅱ/★政治学原論/★現代政治理論/★ミクロ経済学Ⅰ/★マクロ経済学Ⅰ

展開科目

★国際関係論Ⅰ・Ⅱ/★平和学/★国際関係史Ⅰ・Ⅱ/★国際経済論Ⅰ・Ⅱ/★国際金融論Ⅰ・Ⅱ/★西洋政治史Ⅰ・Ⅱ/★アメリカ政治論/★アメリカ経済論/★ヨーロッパ政治論Ⅰ・Ⅱ/★ヨーロッパ経済論/★東アジア政治論Ⅰ・Ⅱ/★東アジア経済論/★国際政治経済特殊講義A~D/★日本政治史Ⅰ・Ⅱ/★日本政治思想史Ⅰ・Ⅱ/★日本政治過程論/★国会論/★日本経済論Ⅰ・Ⅱ/★経済史/★日本政治特殊講義A~D/★行政学Ⅰ・Ⅱ/★ 現代公共論/★公共選択論/★教育行政学/★公共経済学Ⅰ・Ⅱ/★地方財政論Ⅰ・Ⅱ/★経済政策論/★地域開発論/★産業立地論/★地方行財政特殊講義A~D/★西欧政治思想史Ⅰ・Ⅱ/★比較政治学/★政治制度論/★選挙制度論/★政治過程論/★立法過程論/★政治哲学/★計量政治学/★ミクロ経済学Ⅱ/★マクロ経済学Ⅱ/★財政学Ⅰ・Ⅱ/★経済思想史Ⅰ・Ⅱ/★計量経済学/★政治経済理論特殊講義A~D/★法学Ⅰ/★憲法A(人権)/★憲法B(統治機構)/★行政法Ⅰ・Ⅱ/★刑事法Ⅰ・Ⅱ/★民法総則/★物権・担保物権法/★債権法総論/★債権法各論/★民法Ⅵ(親族法)/★民法Ⅶ(相続法)/★商法Ⅰ(会社法)/★国際関係法〔公法系〕AⅠ・Ⅱ/地方自治法Ⅰ・Ⅱ

演習関連科目

政治経済原書研究A・B/政治経済専門研究A・B/ゼミナール

※2020年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

新聞学科

TOP

自由度の高いカリキュラムを通じ、ジャーナリストや
メディア業界で活躍できる人材を養成

学びの特色 朝日新聞那覇総局の総局長にインタビュー

学びの特色

法律学や政治学などの専門知識を生かしながら、ジャーナリズムやメディアに関連する業界で活躍できる人材を養成するのが新聞学科です。「オーダー・メイド・カリキュラム」を採用し、各自の目的に合わせて履修モデルを自由に組み立てることができます。1年次の少人数制の演習でどの職業にも必要となる情報発信力を鍛え、2年次から履修科目を自由に選んで学びます。モデル例として、記者・編集者など報道関連を目指す「ジャーナリズム・モデル」、広告ビジネスや企業・行政の広報などコミュニケーション関係の仕事を目指す「広報広告モデル」、音楽・映画などのコンテンツ制作関連の仕事を目指す「メディアコンテンツ・モデル」、ネット系企業や情報通信分野を目指す「ネットメディア・モデル」、出版物の制作に携わる仕事を目指す「出版メディア・モデル」を用意しています。

進路

新聞社、テレビ局、広告代理店をはじめ、ITメディアやコンテンツ制作、情報管理分野の業界で多くの卒業生が活躍。サービス業、製造業、流通業、金融・保険業に進む学生もいます。

主な就職先

毎日新聞社/MeijiSeikaファルマ/ジュピターテレコム/松竹/東京スポーツ新聞社/福島中央テレビ/北海道新聞社/サントリーホールディングス/三菱UFJモルガン・スタンレー証券/日本年金機構

学科の科目

基幹科目

★現代メディア社会論Ⅰ・Ⅱ/★社会調査概論/★コミュニケーションの科学A・B/★メディア・コミュニケーションの科学A・B/★情報の科学Ⅰ/★ジャーナリズム・スタディーズⅠ・Ⅱ/比較ジャーナリズム史/★ 日本ジャーナリズム史Ⅰ/★メディア法Ⅰ/★ 映像・デジタル・ジャーナリズムⅠ/メディア・テクストの基礎Ⅰ・Ⅱ/ニュース英語Ⅰ・Ⅱ

展開科目

メディア・テクストの基礎Ⅲ/★メディア調査/★コミュニケーション調査/メディア理論/★政治コミュニケーション/★地域コミュニケーションA・B/★グローバル・コミュニケーションⅠ・Ⅱ/異文化メディア/★外国ジャーナリズム史A・B/★メディア史/★日本ジャーナリズム史Ⅱ/★情報の科学Ⅱ/★ジャーナリズム倫理Ⅰ・Ⅱ/★メディア法Ⅱ/★情報法Ⅰ・Ⅱ/★メディア・情報産業Ⅰ・Ⅱ/★出版メディアⅠ・Ⅱ/★広告コミュニケーションⅠ・Ⅱ/★映像・デジタル・ジャーナリズムⅡ/★ローカル・コミュニティ・メディアⅠ・Ⅱ/★フォト・ジャーナリズム/★調査ジャーナリズム/★メディア・ビジネス/★リスク・コミュニケーション/★法学Ⅰ/★政治学Ⅰ・Ⅱ/★経済学Ⅰ・Ⅱ/★公共政策論/★憲法A(人権)/★憲法B(統治機構)/比較憲法Ⅰ・Ⅱ/★行政法Ⅰ/★刑事法Ⅰ・Ⅱ/★刑事訴訟法Ⅰ/★民法総則/★物権・担保物権法/★債権法総論/★債権法各論/★民法Ⅵ(親族法)/★民法Ⅶ(相続法)/★民事訴訟法/★商法Ⅰ(会社法)/★国際関係法〔公法系〕AⅠ・Ⅱ/★知的財産法A(特許・実用新案)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法B(意匠)/★知的財産法C(商標・不正競争)/★知的財産法D(著作権)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法E(関連条約)Ⅰ・Ⅱ/★政治学原論/★現代政治理論/★国際政治学Ⅰ・Ⅱ/★日本政治論Ⅰ・Ⅱ/★日本政治史Ⅰ・Ⅱ/★比較政治学/★政治制度論/★立法過程論/★国会論/★ミクロ経済学Ⅰ/★マクロ経済学Ⅰ/★国際経済論Ⅰ・Ⅱ/★経営学Ⅰ・Ⅱ/★マーケティング論Ⅰ・Ⅱ/★マーケティング戦略論Ⅰ・Ⅱ/インベスター・リレーションズⅠ・Ⅱ/★行政学Ⅰ・Ⅱ/★地方自治論Ⅰ・Ⅱ/★行政広報論/行政広報研究/★情報通信政策

演習関連科目

★リサーチ・ペーパー(メディアと文化)/★リサーチ・ペーパー(メディアと社会)/★リサーチ・ペーパー(政治行動論)/★リサーチ・ペーパー(情報と社会)/★リサーチ・ペーパー(メディア史)/ジャーナリズム演習Ⅰ~Ⅲ/メディア演習Ⅰ~Ⅲ/コミュニケーション演習Ⅰ~Ⅲ/広報広告コミュニケーション演習Ⅰ~Ⅲ/地域コミュニケーション演習Ⅰ~Ⅲ/メディア文化演習Ⅰ~Ⅲ/メディア社会演習Ⅰ~Ⅲ/ゼミナール

※2020年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

経営法学科

TOP

法律学と経営学を融合した実践的教育で
国際社会で即戦力となるビジネスパーソンを目指す

学びの特色 楽天株式会社による知財講義

学びの特色

経営法学科では、法学と経営学の知識を体系的に融合した実践的教育という基本方針のもと、国際法務、企業法務、知的財産などの専門知識を学びながら、社会で即戦力となる実践的なノウハウを培い、グローバル社会で活躍できるワールドワイドなビジネスパーソンを養成しています。2年次からは、学生の将来の目的に合わせた3つのコースを用意。「ビジネス法コース」では、企業法務や企業リスク、マーケティングなどを学び、企業の法務部門や公認会計士、税理士、企業経営者を目指します。「国際法務コース」では、国際取引や国際契約などの法知識を学び、外資系企業や国内企業の国際部門、国際弁護士などを目指します。「知的財産コース」では、近年重要視されている知的財産の専門知識を身に付け、企業の知的財産部門や特許事務所などで活躍する知的財産分野のスペシャリストを目指します。

進路

金融・保険業を中心に、流通業、サービス業、製造業、不動産業、鉄道業など幅広い分野に進出。資格を取得して、税理士や公認会計士、弁理士として活躍する卒業生もいます。

主な就職先

第一三共/ソフトバンク/東日本旅客鉄道/セブン-イレブン・ジャパン/イオン銀行/三菱UFJ信託銀行/みずほ証券/かんぽ生命保険/野村不動産アーバンネット/一般社団法人日本鉄鋼連盟

学科の科目

基幹科目

★法学Ⅰ・Ⅱ/★憲法A(人権)/★憲法B(統治機構)/★民法Ⅰ(民法総則)/★商法Ⅰ(会社法)/★民事訴訟法/★国際関係法〔私法系〕AⅠ・Ⅱ/★国際取引法AⅠ・Ⅱ/★法律外国語AⅠ・Ⅱ/★知的財産法A(特許・実用新案)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法B(意匠)/★知的財産法C(商標・不正競争)/★知的財産法D(著作権)Ⅰ・Ⅱ/★経営学Ⅰ・Ⅱ/★マーケティング論Ⅰ・Ⅱ/★簿記原理Ⅰ・Ⅱ/★会計学Ⅰ・Ⅱ

展開科目

★民法Ⅱ(物権法)/★民法Ⅲ(担保物権法)/★民法Ⅳ(債権法総論)/★民法Ⅴ(債権法各論)/★民法Ⅵ(親族法)/★民法Ⅶ(相続法)/★商法Ⅱ(商取引法)/★商法Ⅲ(支払システム法)/★商法Ⅳ(保険法)/★商法Ⅴ(運送法)/★民事執行・保全法/★刑事法Ⅰ・Ⅱ/★国際関係法〔公法系〕AⅠ・Ⅱ/★労働法Ⅰ・Ⅱ/★企業法務Ⅰ・Ⅱ/★経済行政法Ⅰ・Ⅱ/★経済法Ⅰ・Ⅱ/★金融商品取引法Ⅰ・Ⅱ/★金融法Ⅰ・Ⅱ/★企業会計法Ⅰ・Ⅱ/★経営訴訟法Ⅰ・Ⅱ/★経済刑法Ⅰ・Ⅱ/★税法Ⅰ(基礎理論Ⅰ)/★税法Ⅰ(基礎理論Ⅱ)/★税法ⅡA(所得税法)/★税法ⅡB(法人税法)/★税法ⅢA(資産税法)/★税法ⅢB(消費・諸税法)/★倒産法Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(英米)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(独)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(仏)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(EU)Ⅰ・Ⅱ/★外国法A(アジア)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(英米)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(独)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(仏)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(EU)Ⅰ・Ⅱ/★外国法B(アジア)Ⅰ・Ⅱ/★外国法C(英米)Ⅰ・Ⅱ/外国法C(独)Ⅰ・Ⅱ/外国法C(仏)Ⅰ・Ⅱ/★外国法C(EU)Ⅰ・Ⅱ/★国際契約法Ⅰ・Ⅱ/★国際関係法〔私法系〕BⅠ・Ⅱ/★国際経済法Ⅰ・Ⅱ/★国際経営法学Ⅰ・Ⅱ/★国際取引法BⅠ・Ⅱ/★国際税法Ⅰ・Ⅱ/★国際民事紛争処理法Ⅰ・Ⅱ/★国際経営論Ⅰ・Ⅱ/★法律外国語BⅠ・Ⅱ/★法律外国語CⅠ・Ⅱ/★知的財産法E(関連条約)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産政策/産学連携と知的財産Ⅰ・Ⅱ/★イノベーションと知的財産Ⅰ・Ⅱ/産業技術と知財A(情報通信)Ⅰ・Ⅱ/★産業技術と知財B(機械・エネルギー)Ⅰ・Ⅱ/産業技術と知財C(バイオ・環境化学)Ⅰ・Ⅱ/★産業技術と知財D(コンテンツ)Ⅰ・Ⅱ/産業技術と知財E(都市工学)Ⅰ・Ⅱ/★産業技術と知財F(エレクトロニクス)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産英語/★マーケティング戦略論Ⅰ・Ⅱ/インベスター・リレーションズⅠ・Ⅱ/★企業評価論Ⅰ・Ⅱ/企業不祥事論Ⅰ・Ⅱ/★資本市場論Ⅰ・Ⅱ/★コーポレート・ガバナンス論Ⅰ・Ⅱ/★財務諸表論Ⅰ・Ⅱ/★上級簿記論Ⅰ・Ⅱ/★監査論Ⅰ・Ⅱ/★管理会計論Ⅰ・Ⅱ/★原価計算論Ⅰ・Ⅱ/★ミクロ経済学Ⅰ/★マクロ経済学Ⅰ/★国際経済論Ⅰ・Ⅱ/★国際金融論Ⅰ・Ⅱ/★情報法Ⅰ・Ⅱ/★国際関係論Ⅰ・Ⅱ/★社会政策論Ⅰ・Ⅱ/★人材マネジメント論Ⅰ・Ⅱ/★経営組織論/経営組織研究/★労働事情/★財務管理論/★経営分析論/★コミュニケーションの科学A・B/★メディア法Ⅰ・Ⅱ

演習関連科目

★法情報学Ⅰ・Ⅱ/★サイバー法Ⅰ・Ⅱ/情報システム論Ⅰ・Ⅱ/★ビジネスロー文献講読Ⅰ・Ⅱ/ビジネス・キャリア演習Ⅰ・Ⅱ/★経営法学特殊講義(ビジネス法学入門)Ⅰ・Ⅱ/★経営法学特殊講義(企業と労働)Ⅰ・Ⅱ/ゼミナール

※2020年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

公共政策学科

TOP

法律学を基礎に公共の分野を幅広く学び
近年領域を拡大する「新しい公共」で活躍する力を体得

学びの特色 学生(ピンクのTシャツ)による住民へまちづくりのためのアンケート調査

学びの特色

かつては行政が担っていた「公共」の分野は、近年その領域を拡大し、民間の企業や団体も手がけるようになっています。公共政策学科は法律学の知識を基礎に公共分野を幅広く学ぶほか、インターンシップや演習などの実践的教育を通じて、「新しい公共」領域で活躍できる人材を養成します。1年次の早い段階から、学生の進路に合わせた学びを用意。「行政職課程」では、国や地方自治体で指導的な役割を担うことを目指し、難関公務員採用試験合格に加え、採用後にも有益となる政策策定・法務の対応力を養成します。「公共政策総合コース」では、公共政策の専門知識やリーダーシップを身に付け、公共サービスに関連する企業や自治体、警察、消防などでの活躍を目指します。「福祉・社会政策コース」では、福祉政策・社会政策の分析力や問題解決能力を身に付けます。

進路

多くの国家・地方公務員を輩出しているほか、金融・保険業、サービス業、製造業、不動産業、鉄道業などに進出。独立行政法人、公益法人、NPO(非営利団体)に進む学生もいます。

主な就職先

法務省/東京地下鉄/三井住友銀行/内閣府/総務省/埼玉県庁/さいたま市役所/警視庁/東京消防庁/相模原市役所

学科の科目

基幹科目

★行政学Ⅰ・Ⅱ/★経営学Ⅰ・Ⅱ/★政治学Ⅰ・Ⅱ/★経済学Ⅰ・Ⅱ/★法学Ⅰ/★公共政策論/★公共政策基礎演習/★地方自治論Ⅰ・Ⅱ/★社会保障論Ⅰ・Ⅱ/★社会政策論Ⅰ・Ⅱ/★現代行政論Ⅰ・Ⅱ/★会計学Ⅰ・Ⅱ/★人材マネジメント論Ⅰ・Ⅱ/経営情報システム論Ⅰ・Ⅱ/★行政管理論/★行政組織論/★行政広報論/政策過程論/政策評価論/政策法務論/★比較行政論/★公務員制度論/ガバナンス論/★ソーシャル・キャピタル論/★男女共同参画論/福祉契約論/★社会保障行政論/公共経営論/★経営管理論/★経営組織論/社会情報システム論/★労働事情/★金融マネジメント論

展開科目

★都市政策/★地域政策/★環境政策/★農業政策/労働政策/外交政策/★警察政策/★情報通信政策/経済・産業政策/運輸政策/★観光政策/★防衛政策/★消防政策/★福祉政策/★教育政策/行政管理研究/行政組織研究/行政広報研究/経営管理研究/経営組織研究/社会情報システム研究/★財務管理論/★経営分析論/公会計論/★金融マネジメント研究/犯罪心理学/★政策研究A・B/専門研究A・B/★公共政策特殊講義A・B/★政治学原論/★現代政治理論/★政治哲学/★日本政治思想史Ⅰ・Ⅱ/★西欧政治思想史Ⅰ・Ⅱ/★日本政治史Ⅰ・Ⅱ/★西洋政治史Ⅰ・Ⅱ/★政治制度論/★政治過程論/★日本政治過程論/★国際政治学Ⅰ・Ⅱ/★国際関係論Ⅰ・Ⅱ/★国際関係史Ⅰ・Ⅱ/国際機構論/国際文化論/国際公務員論/★ミクロ経済学Ⅰ/★マクロ経済学Ⅰ/★経済思想史Ⅰ・Ⅱ/★経済史/★財政学Ⅰ・Ⅱ/★公共経済学Ⅰ・Ⅱ/★地方財政論Ⅰ・Ⅱ/★国際経済論Ⅰ・Ⅱ/★国際金融論Ⅰ・Ⅱ/★経済政策論/★憲法A(人権)/★憲法B(統治機構)/★行政法Ⅰ・Ⅱ/★地方自治法Ⅰ・Ⅱ/★刑法Ⅰ・Ⅱ/★刑事政策Ⅰ・Ⅱ/★少年法Ⅰ・Ⅱ/★民法Ⅰ(民法総則)/★民法Ⅱ(物権法)/★民法Ⅲ(担保物権法)/★民法Ⅳ(債権法総論)/★民法Ⅴ(債権法各論)/★民法Ⅵ(親族法)/★民法Ⅶ(相続法)/★商法Ⅰ(会社法)/★商法Ⅱ(商取引法)/★商法Ⅲ(支払システム法)/★商法Ⅳ(保険法)/★商法Ⅴ(運送法)/★国際関係法〔公法系〕AⅠ・Ⅱ/★税法Ⅰ(基礎理論Ⅰ)/★税法Ⅰ(基礎理論Ⅱ)/★経済行政法Ⅰ・Ⅱ/★経済法Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法A(特許・実用新案)Ⅰ・Ⅱ/★知的財産法B(意匠)/★知的財産法C(商標・不正競争)/★社会保障法Ⅰ・Ⅱ/法医学Ⅰ・Ⅱ/★労働法Ⅰ・Ⅱ

演習関連科目

行政実務演習/専門演習A~F/ゼミナール

※2020年度の授業科目及び★印の相互履修科目については変更になる場合があります。

TOP