教育の特色

「教えるのではなく、伝える」という芸術教育の理想を重視
マンツーマンに近い指導や日藝独自の総合教育を実践

8学科を擁する国内屈指の芸術総合学部として、「日藝」の名で知られる芸術学部。最大の特長は「教えるのではなく、伝える」という芸術教育の理想を重視していることです。各分野の第一線で活躍するアーティストやクリエイターを講師陣に迎え、学生各自の能力や関心に応じたマンツーマンに近いきめ細やかな芸術教育を実践しています。また、他学部と連携した教育プログラムの導入など、総合大学ならではのネットワークを活かした独自の芸術総合教育を行っています。

「8つのアート1つのハート」をキャッチフレーズに
芸術総合学部の特色を活かしユニークな芸術教育を展開

日藝のキャッチフレーズは「8つのアート1つのハート」。このマインドをもとに、芸術総合学部の特色を活かしたユニークな芸術教育を展開しています。学科の枠を超えて興味のある科目を履修できる「他学科公開科目」のほか、他学科の学生との交流から生まれる刺激を創作に活かす「芸術総合講座」を開講。学科、コース、専攻の枠を超え、1つの作品を合同制作するコラボレーションも積極的に実施しています。こうした芸術教育が、学生それぞれの芸術に幅と奥行きを与えています。

産学協同プロジェクトや「日藝賞」の実施など
日藝の魅力を広く社会に伝える多彩な活動も

日藝の取り組みは、学内に限らず、社会にも広く展開しています。新素材を用いた製品開発など、産学協同プロジェクトを積極的に推進。学外の研究団体などによる講義の機会も多く設けています。また、アートによる自然環境再生など、学科を横断した研究・教育・創作活動の成果を社会に発信する「NAP(日藝アートプロジェクト)」も実施。その年に最も活躍した日藝出身者を投票で決定する「日藝賞」は、日藝の魅力を社会に伝えるだけでなく、芸術を志す学生にとっても大きな励みとなっています。

TOP