学科紹介(薬学科)

主な学びの領域

教科 内容
1年次~6年次
特色のある薬剤師の職能について学び、高い専門性を身につける 特色のある薬剤師の職能について学び、実践能力を習得するため、1年次から6年次までに「治療・地域・経営」からなる3つの系統的な特色教育科目を設置し、医療人としての高い使命感や倫理観の醸成と医療に参画するための基盤を構築します。最新かつ広範な薬物療法の提案能力を習得するための「症例検討」、地域医療に貢献するための「地域と薬剤師」、薬局経営に精通した能力を習得するための「薬局経営学」など多彩な科目で構成されています。
1年次
薬学を学ぶ素養を培うための基盤を構築 「基礎化学」「基礎生物学」「基礎物理学」「基礎数学」を必修としたリメディアル教育科目(大学教育を受ける前提となる基礎的な知識についての教育を行うための科目)などを設置し、科学全般の知識を習得するとともに、語学力や一般教養などを身につけ、薬学を学ぶ基盤を築きます。さらに、病院・薬局・介護施設などの医療や薬学研究の現場を見学することによって、視野を広げ、学習のモチベーションを高めることを目的とした「早期臨床体験」を設けています。
2年次
専門科目の基礎を学び、幅広い視野を養う 基礎薬学系や衛生薬学系など専門分野の基礎を習得するとともに、実習を通じて実践的な知識や技能を高めます。また、「医療倫理」「医療と法」によって、医療人に必要な倫理観や人間性を養います。
3年次~4年次
薬剤師としての基礎を築く 薬物治療や処方せんによる調剤・製剤の技能などを学び、薬剤師の基礎的な実務能力を養います。医薬品の情報を収集するための技能・知識も習得します。
4年次
専門知識・技能の習熟を図る 医薬品の開発や管理などのほか、医療の現場で求められるコミュニケーションの在り方を学び、「プレ実務実習Ⅰ・Ⅱ」によって、薬剤師に必要な基本的知識・技能・態度の習得を目指します。また、これまで身につけた知識・技能・態度を評価する「共用試験」が行われ、合格することが5年次からの「薬学実務実習」に進む条件となります。
5年次
実践力・専門性を養う 5年次には、病院・薬局で各11週ずつ、計22週にわたる「薬学実務実習」に臨みます。病院実習は、日本大学病院のほかに医学部の関連病院などでも行われ、実務能力のスキルアップを図ります。また、4年次から所属する「研究室」では卒業研究に取り組み、薬学に従事する者としての専門性を養います。
6年次
薬剤師国家試験対策とともに現場の応用力を身につける 卒業研究をまとめ、薬剤師国家試験の本格的な準備を進めます。また、「バイオ・先端医療」「生活習慣病と保健薬学」「医薬品マーケティング」といった特色教育科目など、専門分野に特化した薬学を学び、医療の高度化に柔軟に対応できる知識と技能を身につけます。
薬剤師国家試験の対策としては、「薬学教育研究室」と連携して「総合講義」を行い、6年間の学びの集大成を図ります。

薬剤師国家試験合格率(新卒者)

第98回
(2013年)
第99回
(2014年)
第100回
(2015年)
第101回
(2016年)
第102回
(2017年)
88.8% 79.2% 70.9% 97.1% 82.7%

薬剤師国家試験合格体験記

生涯の友と呼べる仲間と出会い
お互いを高め合えたことが一番の思い出

東京慈恵会医科大学附属柏病院
大塚 晋也さん
(2015年度薬学科卒)

東京慈恵会医科大学附属柏病院 大塚 晋也さん

薬学部の特長の1つは教授陣の素晴らしさです。専門分野を魅力的に伝えてくれる先生ばかりで、興味のない分野でも授業に引き込まれる機会が多々ありました。また4年次のCBT対策と国家試験対策が本格化する6年次には、学外講師の講座も開講され授業とは違った視点から知識を修得することができるなど、国家試験合格に向けた万全の対策がなされています。個人的には生涯の友と呼べる仲間と出会い、お互いを高め合えたことが一番の思い出。勉強会を開き、疑問点は研究室の先生に相談に行くことで知識が紐付けされ、自分の中で体系化できました。それが国家試験合格の大きな助けになったと思います。

TOP