メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

日本記録更新のその先へ
自分の夢を広げてくれた
学びと練習環境がある

競技スポーツ学科2年 橋岡 優輝さん(私立八王子学園八王子高等学校卒)

競技スポーツ学科2年 橋岡 優輝さん

走幅跳を高校時代から続けており、現在の日本記録保持者である森長正樹先生の指導を受けたいという想いから、日本大学を選びました。入学して驚いたのは、ほとんどの授業が座学だということです。ただ、授業で学んだことは所属する陸上競技部でのトレーニングに生かせることが多く、非常に役立っています。特に他競技の選手から聞く話には参考とするべき点が多く、トレーニング方法の幅が広がりました。
このように、授業で学ぶことすべてを競技に生かすことができるので、パフォーマンスも上がってきたと思います。在学中に森長先生の日本記録を塗り替えることが目標です。ただ、それが自分にとっての最終目標ではありません。その上で、2020年のオリンピック東京大会でメダルを獲りたいとも思っています。この学部は先生方を含め競技力を向上させるための環境が整っており、私の夢を後押ししてくれています。

教員からのメッセージ

他競技との交流が選手のパフォーマンスを引き上げる
そこで得た知識は、コーチとなった際にもプラスに

スポーツ科学部 教授
森長 正樹

スポーツ科学部 教授 森長 正樹

スポーツ科学部の特長は、トップアスリート及びコーチの育成に特化している点にあります。学生には入学後、何らかの運動を継続して取り組んでもらいます。そして講義で学んだ知識を生かしてトレーニングを実施し、そこで得た事や問題点を再び講義に持ち帰る。こうした学修とトレーニングの好循環が、この学部の一番の特長といえるでしょう。また、スポーツ科学部ではさまざまな競技種目のトップアスリートが学んでおり、他の競技種目を専門とする学生とトレーニング方法等についてディスカッション形式で講義を行うため、異なる視点からアドバイスを得ることもできます。そうした環境が一人ひとりのパフォーマンスを大きく引き上げ、コーチとなった際に生かせる引き出しを増やすと考えています。

TOP