メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

ゼミナールでは知識と
社会で必要な協調性が
しっかりと身に付きます

経営学科4年 櫻井 大介さん(埼玉県立草加南高等学校卒)

経営学科4年 櫻井 大介さん

将来どんな分野に進もうと、経済・経営の知識は必ず役に立つものだと思い、経営学科を志望しました。2年次からは国際経済と日本経済の諸問題を扱うゼミナールに所属。3学科合同で2・3年生が一緒という学修環境で、アベノミクスや少子化など、さまざまな時事問題を取り上げ、グループに分かれて討論を行っています。ゼミナールの醍醐味は、グループで問題のどこに焦点を当てるかを考え、一つにまとめるプロセスだと思います。そこでは、自分の意見を主張しつつ仲間の意見を尊重する姿勢が必要となるため、協調性を身に付けることができます。また、相手にわかりやすく伝える力や、他者の意見を聞き、柔軟に考える力も鍛えられます。さらに時間管理能力や責任感も養われます。その全てが今後、社会に出た時、仕事に限らず、いろいろな場面で生きてくると確信しています。

卒業生からのメッセージ

学生の自主性を尊重したカリキュラムが
自分自身を成長させてくれました

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 営業本部マーケティング統括部
星川 晴奈さん
(2012年度商業学科卒)

コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社 営業本部マーケティング統括部 星川 晴奈さん

一浪で入学した私は、限られた時間の中で何を身に付けるかが勝負になると考えていました。メリハリのある生活を心がけ、特に資格取得に力を入れていましたが、商学部は支援が手厚く、大学にいながら専門学校に匹敵する講座を低額で受けられるところはありがたかったです。進路に適した学び方を選択できる自主性を尊重したカリキュラムも、自分自身を成長させてくれたと思います。私は2年次から松原聖先生のゼミナールに所属。グループワークや個人研究を通して、社会人に必要なスキルや経済学的思考を身に付けることができました。いまは企画職として、女性社員が活躍できる社内の仕組み作りに取り組んでいます。社員の多様性を尊重し、働きがいのある職場を構築することが目標です。

TOP