教育の特色

メディコデンタルサイエンス(医学的歯科学)を教育基盤に
医療人としての人格を備えた全人的な歯科医師を育成

松戸歯学部の教育の基盤である「メディコデンタルサイエンス(医学的歯科学)」とは、「口腔の健康は全身の健康を支える」という考え方です。この考え方を基に歯科医学にかかわる総合的な教育体制を整備し、全人的な歯科医師を育成しています。各学年で段階的に知識や技術を習得できる「歯科医学総合講義」を設置。一人ひとりの学習到達度を確認しながら効率的に学習を進める独自の「歯科医学教育システム」を通じて、総合的な理解や応用力を培います。

優れた歯科医師を輩出するため教育・学修総合センターや
学修カルテの作成・活用など教育の質を高めるシステムを構築

優れた歯科医師を輩出するためには、学生の教育の質を常に高めることが求められます。そのため松戸歯学部では「教育・学修総合センター」を設置。学生の成績などのデータを収集し、それに基づいた教材を作成して学生に還元し、苦手分野の克服を図るなど、学生の理解を促進する教育システムを構築しています。また、学生一人ひとりの「学修カルテ」を作成し、すべての試験成績を分析したデータを教員による個別指導時に学生へ還元。こうした取り組みを通じて、学生は学びを確実に深めることができます。

超高齢社会を迎え役割が変化する歯科医療
多業種協働で治療に当たる柔軟で幅広い視野を養う

超高齢社会を迎えた日本では、歯科医療へのニーズも変化しています。他分野の医師や看護師と協働して治療に当たる時代を見据え、歯科医療の専門知識や技術はもちろん、多業種間で協働できる柔軟で幅広い視野を養う歯科医師教育に取り組んでいます。また、学生が臨床実習を行う場は、最新鋭の診療機器や電子カルテを導入した日本大学松戸歯学部付属病院です。実習を通して患者さんに対する思いやりや奉仕的精神も身につけ、現場で即戦力となる優れた臨床能力と人格を養います。

TOP