教育の特色

ライフスタイルや目的に合わせて選べる授業形態
インターネット授業だけで卒業条件を満たすことも可能

通信教育部は、各自のライフスタイルや目的に合わせ、授業形態を選択できます。通信教育の基本的な学修方法である「通信授業(在宅学修)」では、大学から送られてくる教材をもとに自分のペースで学びを深めることができます。また、通学課程と同じように、教員と直接対面する授業形態で学ぶ5種類の「スクーリング(通学授業)」を開講(下図参照)。受講申し込みから試験までをインターネットで行い、好きな時間・場所で勉強ができる「メディア授業(インターネット授業)」だけで卒業条件に必要な単位を満たすことも可能です※。
※体育実技及び文理学部演習科目はスクーリングの受講が必要です。

4学部8学科・専攻、所属学部以外の科目も履修可能
資格取得や通学課程への転籍も徹底サポート

4学部8学科・専攻を設置している通信教育部では、所属学部以外の通信教育部の科目を履修して幅広い視野を得ることができます。また、教員免許状、司書教諭、学芸員の資格取得に対応したコースを設置。国家公務員や地方公務員試験合格を目指す学生にも学部の枠を超えたバックアップを実施しているほか、法職を目指す学生は、法学部の学生研究室に入室し、難関国家試験のサポートも受けられます。なお、通信教育部の学生は転籍試験に合格すれば、通学課程(法、文理、経済、商各学部)へ転籍することも可能です。

都心の大型独立キャンパスや全国の学習センターで
学修や履修に関するきめ細かな支援を展開

JR市ヶ谷駅から徒歩約3分の市ヶ谷キャンパスは、自習室や学生ラウンジを完備した大型独立キャンパスです。学生はこのキャンパスのほか、全国に設置された学習センターや相談会場で、学業や履修に関する相談を行えます。なお、通信教育部の学生は、日本大学全学部の図書館を自由に利用できます。

自分にあった学び方が見つかるフレキシブルな学修環境
(入学から卒業まで)

自分にあった学び方が見つかるフレキシブルな学修環境
(入学から卒業まで)

TOP