メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

学内の語学学修環境が充実
その経験からカナダ留学が
より有意義なものに

国際総合政策学科4年 岡村 幸輝さん(私立静岡北高等学校卒)

国際総合政策学科4年 岡村 幸輝さん

子どもの頃から英語を習っており、海外にも興味があったことからこの学部を選びました。商学や芸術、平和学など幅広い授業を開講していますが、どれも内容に国際的な視点が入っており、国際関係をさまざまな角度から深く学ぶことができていると思います。また語学に関しても、 英語を指導する外国人の先生と、授業以外でも会話をする機会が多かったり、他ではあまり学べないスペイン語も履修できるなど充実しています。
また、この学部を選んだ理由の1つに多彩な留学制度があります。私は2年次に1か月間、カナダへ留学しました。決して長くはありませんが、それまでに学内で語学力を高めていたこともあり、内容の濃い留学期間となりました。留学を経験して積極的にもなったと思います。将来は、身に付けた語学を生かせる仕事に就きたいと考えています。

卒業生からのメッセージ

行動的な友人や留学生が多い環境の中
おのずと自分の道を切り開く力が身に付きました

株式会社阪急阪神エクスプレス 第2営業部
内藤 愛海さん
(2014年度国際総合政策学科卒)

株式会社阪急阪神エクスプレス 第2営業部 内藤 愛海さん

学生時代にしかできないことをと思い、大学では留学制度を利用して上海やアメリカへ留学したり、個人でもお金を貯めて10か国以上旅行しました。行動的な友人、留学生も多く、おのずと自分の道を切り開く力が身に付き、視野も広げられたと思います。宗形賢二先生のゼミナールに入室し、卒業論文では戦時下のアメリカにおける排日移民法と日本のマスメディアの研究に取り組みました。興味のある分野を深められたのも、学科を横断した学びが可能なカリキュラムのおかげです。現在は物流企業の営業部署に在籍し、海上貨物輸送の営業サポートを担当しています。海外とつながる仕事ができるのはやり甲斐を感じますし、これからも多くのお客様のニーズにお応えしていきたいです。

TOP