HOME▶学部・学科紹介▶松戸歯学部▶メッセージ・インタビュー

メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

付属病院で多くの患者さんにかかわれる、
必ず将来につながる貴重な実習が豊富です

歯学科6年 岡村 里香さん(私立同志社国際高等学校卒)

歯学科6年 岡村 里香さん(私立同志社国際高等学校卒)

同志社女子大学薬学部で薬学を学んでいましたが、患者さんの治療に直接携わりたいという思いが膨らみ、私自身が歯科矯正治療の経験があったことから、日本大学松戸歯学部の2年次に編入学しました。松戸歯学部を選んだのは、来院患者数が全国トップクラスの付属病院でたくさんの患者さんにかかわれると考えたからです。5年次から始まる臨床実習では、期待通りにさまざまな歯科疾患や全身疾患を抱える患者さんに接する機会があり、指導医の治療を間近に見て学ぶだけでなく、時には患者さんの同意を得て指導医の指示を受けながら治療することもあります。座学で身につけた学びを実践するのですが、治療中の患者さんの動きや表情を読み取るのが難しく、より精進しようと意欲がわきました。

設備が整った環境で多くの患者さんにかかわれることはとても貴重で、それは必ずや将来につながると思います。将来は、歯科矯正治療の経験を活かして矯正分野の顎顔面外科へ進み、患者さんの気持ちに寄り添った治療をしていきたいと考えています。

卒業生からのメッセージ

メディコデンタルサイエンスの考え方は
私の歯科医療の基礎となっています

医療法人ハッピースマイル 北越谷歯科 院長
德永 佳嗣さん
(2011年度歯学科卒)

医療法人ハッピースマイル 北越谷歯科 院長 德永 佳嗣さん(2011年度歯学科卒)

大学生活を振り返って感じるのは、松戸歯学部の先生は皆さんやさしくて、教育に熱心だということ。同期とはいまでも勉強会を開きますし、先生と学生、先輩・同期・後輩の絆が深いところも大学の魅力だと思います。また、学部の特色である「メディコデンタルサイエンス」の考え方は、訪問医療の機会も多い私の歯科医療の基礎となるものです。先輩が招待してくれた勉強会がきっかけで、現在の医療法人の代表とも出会え、彼のもとで経験を積めたことでいまの私があります。大学、そして卒業後のこれまでに学んだ“正しい歯科医療”を胸に、今後も自己研鑽を怠らず、患者さんに満足していただける治療を続けていきたいです。

TOP