メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

授業からイメージできる臨床現場での自分の活躍
漠然としていた将来が明確になり、勉強への意欲につながる

薬学科5年 山崎 政幸さん(私立獨協埼玉高等学校卒)

薬学科5年 山崎 政幸さん

看護師の姉に「理系が得意なら、将来は薬剤師がいいんじゃない?」とアドバイスされ、薬について調べたところ「サリドマイド」の服用は胎児に悪影響を与えてしまう一方で、体に良い効果を与える作用もあると分かり、薬の奥深さに触れ、薬学部に興味を持ちました。その後、日本大学薬学部のオープンキャンパスを訪れ、散剤の分包を体験した際に、先輩方がやさしく教えてくれたことが印象的で、薬剤師は人柄も重要となる職業なので、このような先輩方がいる大学で学びたいと進学を決意しました。

薬学についての勉強は簡単ではありませんが、疑問を解き明かす醍醐味を味わっています。3年次の「疾患と薬物治療」の先生は現役の医師で、臨床現場での話を盛り込んだ授業は、早い段階から臨床現場のことを知ることができ、今勉強していることが臨床現場でどうつながるか、将来をイメージしやすく、毎回楽しみでした。将来は、体の仕組みや疾患について深い知識を持った先生方のように、幅広い知識を持った薬剤師として活躍したいと考えています。

卒業生からのメッセージ

学部間交流が盛んで学びの幅を広げられる
研究室の先生による親身な就職サポートも

独立行政法人 国立国際医療研究センター病院
霧生 彩子さん
(2014年度薬学科卒)

独立行政法人 国立国際医療研究センター病院 霧生 彩子さん

医療系学部や付属病院なども擁する総合大学として、学部間交流が盛んで学びの幅を広げられるところに惹かれ、日本大学薬学部を選択しました。大学では1年次の「早期臨床体験」で、現場で働く病院薬剤師や薬局薬剤師の姿を目にする機会があり、早い段階から進路について考える良い機会になったと思います。4年次から臨床薬物動態学研究室に所属し、学会発表を行ったり、医療現場での導入も珍しいソフトウェアに触れられたことも貴重な経験になりました。研究室の先生が就職について親身にサポートしてくれることも、日本大学ならではの魅力です。現在は薬剤師レジデントとして経験を積む毎日ですが、いずれは認定薬剤師の資格も取り、専門性を深めていきたいと考えています。

TOP