HOME▶学部・学科紹介▶薬学部▶メッセージ・インタビュー

メッセージ・インタビュー

学生インタビュー

歴史と実績があり、総合大学である
日本大学薬学部を選択しました

薬学科5年 鈴木 勇太さん(埼玉県立伊奈学園総合高等学校卒)

薬学科5年 鈴木 勇太さん(埼玉県立伊奈学園総合高等学校卒)

高校時代は科学が好きで理系コースを選択したことと、所属していた硬式テニス部で薬学部に進学した先輩の影響を受けたことが、薬学部に興味を抱いたきっかけでした。また、歴史と実績があり、就職にも強く、かつ総合大学であることが決め手になり、日本大学薬学部への進学を決意しました。

5年次になると、「薬学実務実習」で病院と薬局における現場での実習を行いますが、それに先がけて4年次に実施した「プレ実務実習」では、最初は緊張してボランティアの模擬患者さんとうまくコミュニケーションがとれなかったことがあり、弱点克服のためにサークルの仲間や先生と来客対応や服薬指導の練習を重ねました。その甲斐もあって以前よりも模擬患者さんへの応対が改善し、実践的なコミュニケーションスキルを身につけることができました。

将来は自分で新しいことを見つけてみたいと思っており、医薬品の研究開発にかかわれたらと考えています。

卒業生からのメッセージ

親身な就活サポートにより念願の病院薬剤師に就き、
難病克服を目指す治験コーディネーターとしても活躍中

千葉県こども病院 薬剤部 技師
内田 美華さん
(2012年度薬学科卒)

千葉県こども病院 薬剤部 技師 内田 美華さん(2012年度薬学科卒)

現在、小児医療を専門とする千葉県こども病院の薬剤部で、病気と闘う子どもたちとともに薬物治療に取り組んでいます。また院内で新薬開発に携わる治験コーディネーターの役割を担い、日々医師をはじめとする多職種と連携してやりがいのある仕事に励んでいます。

希望する病院薬剤師になれたのも、研究室の先生と面接試験の練習を重ねたり、就職指導課の親身なサポートがあったからです。4年次には日本大学の全学部学生を対象としたイギリスのケンブリッジ大学での短期海外研修に参加し、学部を超えた交友関係が広がり、コミュニケーション力も向上しました。多くのスタッフとの連携が必要な現在の仕事にも活かされており、6年間のたくさんの学びが私を育ててくれたと思っています。

TOP