教育の特色

少人数制の導入教育で自主性や創造性を養い
経済学の理論から実証までを体系的に身につける

経済学部の特長は、経済学の理論から実証までを体系的に身につけられるカリキュラムを用意していることです。1年次に行う導入教育では、少人数で大学での学び方やキャリアについて学習し、自主性や創造性を養います。これにより、学生は将来のビジョンを早期から明確にすることができます。また、2年次以降は、学科ごとに目指す将来に合わせてテーマを選択して学ぶことができる「プログラム制」や、100以上ある少人数制のゼミナールを通じ、特定の専門分野を系統的に学んでいきます。

キャリアデザインセミナーやインターンシップなど
自分の将来像を具体的に描く多彩なプログラムを用意

早期から自分の将来像を描けるさまざまなプログラムを用意しており、経済分野に限らず、多彩な進路が開けています。1年次から受講できる「キャリアデザインセミナー」では、キャリアデザインに精通した講師の講演を通じて、将来の進路を具体的に考えます。また、公認会計士、税理士などの各種資格取得講座の受講費用を補助する制度でキャリアの実現を支援しています。民間企業や官公庁でインターンシップを行う「キャリア形成論」は、大学で学んだ専門知識を実務の中で活用する方法や、自分に適性のある職種を見つける機会にもなっています。

語学力を段階的に培う習熟度別の語学教育を実施
世界12カ国1地域20大学と提携する留学制度も充実

語学教育や留学制度にも力を入れています。1年次から設置している「基礎技能科目」(英語リーディング・英語ライティング・英語コミュニケーション)では、習熟度別のクラスで能力に合わせた段階的な学習を展開。また、留学や語学研修のプログラムも充実しており、国際的な教養や高度な語学力を養うことができるほか、留学生を学生がサポートするバディ・プログラムにより、学内にいながら国際感覚が身につきます。さらに、キャンパスも利便性の高い都心型(水道橋駅から徒歩3分)となっているため、グローバルで実践的な視野を身につけられます。

TOP