学科紹介(歯学科)

主な学びの領域

歯学科
教科 内容
1年次~6年次
人間科学 歯科医師として、豊かな人間性を培うことを目標とする科目区分です。1年次から6年次を通して学ぶ「医療人間科学Ⅰ~Ⅷ」では、社会人としての基盤作りを行います。1・2年次に設けられている「教養総合講義」は、総合大学の中の歯学部である本学部の特色を活かして、相互履修科目から選択することも可能です。
総合科学 テュートリアル形式による教育を主体に、問題解決能力を養成するための科目区分です。また、6年次後期からは歯科医学を総合的に理解し、歯科医師国家試験合格に向けての準備を行います。
※チュートリアル形式の教育(1年次~6年次共通)
テュートリアル形式とは、自己学習能力を高める知識・技法を習得するための教育手法で、各学年に授業科目を設けています。講義を受けるという従来のスタイルではなく、少人数グループに分かれ、設定された課題解決に向けて学生一人ひとりが考え、討議を重ねながら取り組むスタイルの授業です。学生の主体性を優先させるため、テューターと呼ばれる教員の指導は、課題解決へ向かう手助けにとどめます。特定の領域や学科に限定されない統合的な学習と、グループ学習を通じたコミュニケーション能力の養成が特長です。
1年次
基礎科学 生命科学や歯科医学の基礎を理解するための科目区分です。専門領域に進む前の準備として、主に数理的・物質的な基礎知識・技能を学びます。
2年次~6年次
口腔科学 口腔基礎科学系と口腔臨床科学系の2つの科目群で構成される科目区分です。口腔基礎科学系では、2年次に口腔領域に関する生体の構造・機能を、3年次に病態・健康維持などの基礎歯科医学を履修し、歯科医療を行うために必要な基礎知識を身につけます。口腔臨床科学系では3年次から実際の歯科疾患の診査・診断・治療法の理論・手技を具体的に学びます。
2年次~3年次
生命科学 人体の構造と機能に関する基礎知識を学ぶ区分で、からだ全体についての医学的知識を高めることを目的としています。2年次では生体の正常(健康)と生命の発生・発育を、3年次では生体の異常(疾患)について学びます。
5年次~6年次
臨床実習 5年次からはキャンパス内の付属歯科病院で、臨床実習に取り組みます。実際の医療行為への参加を通して診療上の問題解決能力を養うとともに、患者さん本位の医療の在り方を学びます。さらに6年次の前期には、「アドバンスト歯科学演習」が設けられており、5年次で学習した基本的診療態度、技能及び歯科医学の知識のスキルアップを図り、臨床能力を高めます。
6年次
歯科医師国家試験への対応 6年次の「歯科学統合演習Ⅵ」で、いままで学んだ知識の関連づけと整理を行い、歯科医師国家試験の出題形式に基づいた模擬試験とケースプレゼンテーションを中心とした演習形式の講義によって幅広い分野の知識を高めていきます。さらに、学生一人ひとりの学習の進展度に合わせて、ティーチング・アシスタントが適切にサポートするなど、積極的なバックアップも行っています。

歯科医師国家試験合格率(新卒者)

第105回
(2012年)
第106回
(2013年)
第107回
(2014年)
第108回
(2015年)
第109回
(2016年)
76.3% 80.3% 62.2% 77.8% 75.2%

歯科医師国家試験合格体験記

1年次から交流している先輩に
試験のサポートをしてもらえる体制があります

日本大学大学院歯学研究科 歯学専攻 応用口腔科学分野 クラウン・ブリッジ学講座3年
矢川 彰悟さん
(2012年度歯学科卒)

日本大学大学院歯学研究科歯学専攻 応用口腔科学分野クラウン・ブリッジ学講座3年矢川 彰悟さん

歯学部は先輩後輩のつながりが強いのが特長です。国家試験対策では、そのつながりがとても大きかったと思います。5年次から試験対策に入りますが、大学院で学んでいる先輩方が、ティーチング・アシスタント(TA)という形で、学部生を指導します。TAの先輩方のほとんどとは、1年次から授業や部活動を通じて交流していたので、試験対策も日常の勉強の延長にあるように進めることができました。さらに先生方からも試験勉強に向けて、個別に指導していただく体制があり、心強かったですね。いまは私がTAの立場で、学部生の学習指導を行っています。これも、恩返しだと思っています。

TOP