土木工学科

TOP

防災や環境破壊・インフラの老朽化など
新たな役割を担う土木技術者を養成

学びの特色 自然の浄化機能を利用した排水処理システムロハスの花壇

学びの特色

土木工学は私たちの生活を根底から支える学問です。道路・鉄道・橋・トンネル・上下水道、そして都市空間や自然環境の整備まで、対象は多岐にわたります。さらに近年は、防災や環境破壊、インフラの老朽化という観点から、新たな役割も求められるようになりました。土木工学科では、これからの時代を担うシビルエンジニア(土木技術者)を養成するため、インフラをつくる知識・技術だけでなく、自然環境や生態系への深い理解や、災害に強く長持ちするインフラを実現する最先端の研究などに取り組んでいます。2年次からは、防災や老朽化するインフラの整備など、地域や都市のための計画・設計・施工・保全を担う技術者を養成する「社会基盤デザインコース」と、持続可能な社会を目指し、安全で快適な環境をデザインする能力を養う「環境デザインコース」に分かれ、専門性を深めていきます。

進路 橋の長寿命化を目標としたロハスの橋プロジェクト

進路

卒業生の多くが、公務員や大手建設業、建設コンサルタント業などに進んでいます。鉄道・電力・道路などの公益企業や中学(技術)・高校(工業)教員として活躍する者もいるほか、大学院にも進学しています。

主な就職先

東海旅客鉄道/大林道路/鹿島道路/五洋建設/仙建工業/第一建設工業/大和ハウス工業/ユアテック/ネクスコ・エンジニアリング東北/東日本旅客鉄道

建築学科

TOP

専門知識や技術と芸術性を磨き
安全・快適で心豊かな居住環境の実現を目指す

学びの特色 音が反響しない無響室での実験風景

学びの特色

建築学の目的は、環境への思いやりを持ちながら、安全性や快適性を追究し、心豊かな居住環境を実現することです。建築学科では、都市計画、住宅の意匠設計、環境設計、インテリアなどを手がける「計画・環境系」と、耐震性や耐久性の高い建築物を造るための構造や材料、施工技術などを開発する「構造・材料系」の領域をカバーし、専門知識や技術力に加えて、芸術性も兼ね備えた専門家を養成しています。2年次からは構造・材料・施工系を学ぶ「建築エンジニアリングコース」、計画・環境・設備・意匠系を学ぶ「建築デザインコース」、国際建築家連合(UIA)の教育プログラムを視野に入れて建築家を目指す「アーキテクトコース」の3コースを用意。それぞれのコースに分かれて、専門性を高めます。なお、すべてのコースで一級建築士の試験に必要な知識、技術の修得を基本としています。

進路 「建築設計製図Ⅰ」の 授業風景

進路

総合建設業、建築設計事務所などの建設業界に、多くの卒業生が進んでいます。サービス業、卸・小売業、製造業や、公務員として活躍する者もおり、約1割は大学院に進学しています。

主な就職先

鹿島建設/大林組/関電工/スペース/積水ハウス/大成建設/大和ハウス工業/戸田建設/ユアテック/大氣社

機械工学科

TOP

「ロハスの機械」の知識を身に付けてあらゆる産業の
基盤となる機械工学の技術者の素養を養う

学びの特色 加圧した水で金属を切断するウォータージェット技術の研究

学びの特色

機械工学は、あらゆる産業における生産活動の基盤となる分野です。扱う領域は、自動車や新幹線といった交通輸送分野、各種発電システムなどのエネルギー分野、私たちの生活に身近な家電やスマートフォンなどの精密機器分野をはじめとして多岐にわたり、ロボットや医療機器など、さらなる広がりを見せています。機械工学科では、機械工学の基礎と専門知識、技術の修得に重点を置いたカリキュラムを用意。熱や流体、材料などの力学系基礎科目や設計・実験、自動車やロボットなどの先端技術に関する科目にも力を入れ、時代の変化に対応できる技術者の素質を養います。また、必修科目の「ロハス工学Ⅰ・Ⅱ」では、地球環境の現状や機械と人間・社会・自然との関係に関する考察力、持続可能な暮らしを実現する「ロハスの機械」についての知識と技術を体系的に深めることができます。

進路 エネルギー自立環境共生型住環境についての研究風景

進路

精密機械、産業機械、家電などの製造業に多くの卒業生が進んでいます。また、サービス業、建設業、卸・小売業でも活躍。公務員に進む者も多く、約1割は大学院に進学しています。

主な就職先

トヨタ自動車/関電工/クリナップ/井関農機/ヤマザキマザック/アルパイン/キヤノン/ショーワ/スズキ/東日本旅客鉄道

電気電子工学科

TOP

刻々と変化する社会のニーズや技術革新に対応する
電気・電子分野の専門家を養成

学びの特色 「電気電子基礎実験Ⅰ」の実験風景

学びの特色

太陽電池や風力発電などの電力エネルギー産業、ロボットやリニアモーターカーを開発する電機産業、レーザーや超LSIをはじめとする電子デバイス産業など、現代社会を支える基盤技術である電気電子工学は、そのフィールドをますます広げています。電気電子工学科では、電気電子技術について基礎から応用までを体系的に学び、刻々と変化する社会のニーズや技術革新に適応できる柔軟な知識と技術を身に付けます。1年次から、先端技術の現状と未来に触れるオムニバス形式の授業を実施し、「情報工学」や「医療工学」の理解も深めます。2年次からは、電子工学や情報工学、通信工学にかかわる技術者を養成する「電子情報通信コース」と、電気エネルギーや制御工学にかかわる技術者を養成する「電気エネルギーコース」のいずれかを選択して、専門知識を深めていきます。

進路 高周波実験の実験風景

進路

電気・電子機器などの製造業、建設業などで多くの卒業生が活躍。情報サービス業、卸・小売業、運輸業などにも進出しており、約1割が大学院に進んで専門性を深めています。

主な就職先

東北電力/ユアテック/アルプス電気/東芝/スズキ/本田技研工業/ダイハツ工業/東京電力ホールディングス/東日本旅客鉄道/東北電気保安協会

生命応用化学科

TOP

生命・材料・環境にかかわる化学の知識と技術を
修得し持続可能な社会の実現に貢献する

学びの特色 「酵素学研究室」での研究風景

学びの特色

生命や環境に配慮した化学製品や医薬品、環境保全やリサイクル活動を進展させる新技術の開発など、持続可能な社会の実現のために、化学が果たすべき役割は拡大しています。生命応用化学科は、化学の基礎から先端化学技術までの実践的教育を行い、生命・材料・環境にかかわる化学の幅広い知識と実験技術の修得を目的とする学科です。カリキュラムは、環境にやさしく豊かな機能を持つ新規材料の開発を目指す「応用化学系」、地球にやさしい環境と産業プロセスの創生に取り組む「環境化学系」、生命現象を分子レベルで理解し、工学への応用を研究する「生命化学系」の3つの履修モデルで構成されています。それぞれについて、初年次から専門科目を系統的に学ぶことで、先端化学技術の知識や実験技術を早い段階から身に付けることを可能にしています。

進路 「生体材料工学研究室」での研究風景

進路

医薬品や化学関連の製造業などに多くの卒業生が進んでいます。また、卸・小売業、建設業(化学プラント、空調設備など)、サービス業に進む者や公務員、中学・高校の教員として活躍する者のほか、約3割が大学院に進学しています。

主な就職先

クラレ/新興プランテック/高砂熱学工業/朝日ラバー/綜研化学/中央化学/クレハ/エンプラス/福島キヤノン/ホギメディカル

情報工学科

TOP

情報に関する専門知識・技術を総合的かつ
実践的に身に付け高度情報化社会に対応する

学びの特色 「高信頼性システム研究室」 での研究風景

学びの特色

インターネットやスマートフォン、タブレット端末の普及や、情報技術の高度化にともない、コンピュータによる「情報システム」は私たちの生活になくてはならないものになりました。情報工学科は、社会の血流ともいうべき情報を、コンピュータの力で処理するための知識や技術、教養を総合的に学ぶ学科です。「プログラミングの基礎及び演習」や「コンピュータアーキテクチャ入門」など、情報工学で特に重要とされる科目は、1・2年次に少人数制で徹底的に指導します。2年次からは、情報処理システムに関する専門能力を有する技術者を目指す「情報システムコース」と、幅広い情報処理応用分野に適応する技術者を目指す「情報デザインコース」の2つのコースに分かれて、高度情報化社会に対応できる、幅広い専門知識と技術を実践的に身に付けていきます。

進路 学生がプログラミングを施したロボット

進路

通信システム、ソフトウェア開発、IT・通信サービスなどの情報サービス業で多くの卒業生が活躍しています。サービス業、製造業、公務員などのほか、約1割は大学院に進学しています。

主な就職先

日本電気/アルパイン/富士通/日本デジタル研究所/NSD/ジャストシステム/日本システムウエア/エム・ソフト/NECフィールディング/エヌ・ティ・ティ・データ先端技術

TOP