学びの特色

「生産・利用科学」「生命科学」「環境科学」の3分野を柱に
21世紀の諸問題に対処する専門家を養成する

人口増加や食料・環境問題などが深刻化する中、生態系の維持と修復、共存に対応する「生物資源科学」が注目されています。生物資源科学部は、「生産・利用科学」「生命科学」「環境科学」の3分野の柱を中心に、21世紀の諸問題に取り組む人材を養成する学部です。植物、動物、微生物の生産・利用や、新しい機能を持った食品の開発など、あらゆる生物資源科学の分野が研究対象です。全学科を合わせた研究室は100以上と、国内トップクラスの一大複合研究拠点となっています。

生命の営みや地球環境を五感で体感できる
フィールドサイエンス教育をはじめ海外との研究交流も積極的に推進

生物資源科学部の学びの基本は、生物と地球を肌で感じること。学部独自に実施する「総合的フィールドサイエンス教育」では、教室だけでなく、フィールドでの実験や実習を実施し、さまざまな生命の営みやそれを支える地球環境を五感で体感できます。また、グローバルな教育・研究の向上のため、国際教育研究交流や国際研修交流も積極的に推進。中国四川省の成都大熊猫(ジャイアント・パンダ)繁育研究基地との単位取得を目的とした協定締結は、国際的にも珍しい教育研究交流として評価されています。

東京ドーム12個分の広さを誇る広大なキャンパス
フィールドサイエンス教育を支える学外施設も充実

キャンパスは東京ドーム12個分もの広さを誇ります。学生ホールや学生のアクティブな学習をサポートする1号館をはじめ、温室や牧草地などを備えた農場、演習林、付属動物病院や食品加工実習所、生命科学研究所、生物環境科学研究センター、先端食機能研究センターなども設置。学外にも下田臨海実験所(静岡県下田市)や演習林水上実習所(群馬県利根郡)、富士自然教育センター(静岡県富士宮市)などを設置し、フィールドサイエンス教育を支えています。

TOP