競技スポーツ学科

TOP

競技スポーツを学際的かつ総合的に研究し
社会の広い分野で活躍できる「反省的実践家」を養成

学びの特色

学びの特色

「競技スポーツ」は、体育・スポーツの世界の中で、とりわけ競争性のウエイトが高く、結果としての勝利の追求が重んじられます。競技スポーツ学科では、コーチング学を中心に、自然科学・医科学・社会科学・形式科学を含めて学際的かつ総合的に研究し、競技スポーツにおける実践力のある「反省的実践家」を養成します。反省的実践とは、自ら実践しながら問題や課題を発見・分析し、解決策を導き出して再び実践にフィードバックすることで、このような資質を持った人は、アスリートや指導者のみならず、社会のあらゆる分野で活躍できます。また、2年次以降は、自らの競技力向上に関する実践理論を学ぶ「アスリートコース」と、指導者として、選手を取り巻く環境を含めたサポート方法を学ぶ「スポーツサポートコース」の2コースからいずれかを選択し、それぞれの専門性を深めていきます。

進路(競技スポーツ学科は2016年4月開設)

体育・スポーツ分野の社会的需要の拡大から、卒業生の進路は多岐にわたると予想されます。「アスリートコース」を選択する学生の進路は、プロアスリートや実業団アスリート、企業スポーツアスリートなどが考えられますが、競技力向上を目指した活動を求める学生に対して、競技スポーツ学科では積極的な就職支援を行っていきます。「スポーツサポートコース」を選択する学生の進路は、競技スポーツの運営・強化にかかわる競技団体の職員や地域のスポーツ指導者、競技スポーツの研究者、民間キャリアなどが考えられます。さらに、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、多くの自治体が未来のアスリートの発掘や育成事業を行っていることから、競技スポーツに関連した部署の行政キャリアも期待できます。

TOP