生命農学科

TOP

生命農学を基盤に植物を中心とした実践的な
学びを展開し、これからの農学を担う専門家を養成

学びの特色 「生命農学実習Ⅱ」 マリーゴールドの剪定

学びの特色

地球上にある多種多様な植物資源・農作物を対象にした総合科学を学ぶ生命農学科。植物を中心とした分子生物学から生態学を含めた生命現象に関する教育と研究を実践しています。生命科学・生産科学・生態学の3つの分野を、基礎から応用まで体系的に教育しており、遺伝子や細胞などの「ミクロな生命科学」だけでなく、植物体や生態系といった「命」を扱い、ラボからフィールドまで幅広く実践的な学びを展開しています。カリキュラムは、生物学などの基礎科学や、作物学をはじめとしたコア科目、基礎実験などの実験科目を学んだ上で、 3年次からは8つの研究室に分かれて、ゼミナールや実験などに取り組みます。さらに、台湾やタイでの海外研修や、富士山麓にある富士自然教育センターで演習も実施するなど、「これからの農学」を担う専門家を養成しています。

進路 「学外実習」 タイ王国での温帯果樹栽培技術の実習

進路

農業関連企業・団体、種苗会社、食品製造業・流通業、造園業などで活躍。国家・地方公務員や中学(理科)・高校(理科・農業)教員になる者もいるほか、大学院進学者もいます。

主な就職先

農林水産省/ネクスコ東日本エンジニアリング/日本大学三島高等学校/明徳学院相洋中学校・高等学校/全国農業(協組連)/公園財団/農業・食品産業技術総合研究機構/北海道庁/横浜市役所/静岡県庁

生命化学科

TOP

生命・食・環境の諸問題を先端生命科学で解析し
実社会へ還元する

学びの特色

学びの特色

生命、食、環境にかかわる幅広い分野を、最先端の生命科学的なアプローチから解析し、その利用を目指す生命化学科。講義・実験・実習・演習を一体化させた独創性の高いカリキュラムを組んでいるのが特長です。3年次までに実施する多彩な実験科目では、行きとどいた実験環境のもとで、安全かつ、効率よく実験スキルを修得することができます。また、常に最先端の研究ができるように、真菌・細菌・植物組織細胞培養室、動物飼育実験室、動植物細胞凍結室、有機合成反応室、無機物質分析室、低温実験室など、最新鋭の設備を整えています。3年次後期には7つの研究室に分かれ、充実した設備・環境のなかで各自の専門性を深めていきます。

進路

食品、医薬品、化粧品、醸造、肥料、飼料、化学工業などの製造業をはじめ、公務員、中学(理科)・高校(理科・農業)教員などとして活躍しています。また、多くの学生が大学院へ進学し、研究者への道を目指しています。

主な就職先

森永乳業/JA東日本くみあい飼料/雪印メグミルク/小野薬品工業/ミヨシ油脂/アイビー化粧品/神奈川県立光陵高校/新日本科学臨床薬理研究所/日本食品分析センター/食品環境検査協会

獣医学科

TOP

最先端の教育環境で幅広い領域に対応できる獣医師を
育成し、獣医学や医学に貢献する研究活動を展開

学びの特色 「獣医解剖学実習1」 馬の頭蓋骨のスケッチを している様子

学びの特色

獣医学科は、人や動物の生命活動を解明する基礎獣医学分野、疾病の診断・治療・予防法の開発を行う臨床獣医学分野、公衆衛生、野生動物の保護、環境保全に貢献する応用獣医学分野など、社会において獣医師が関わる幅広い領域の発展に貢献する人材の育成を目的としています。本学科の特長は、各分野において最先端の教育・研究環境を備えている点です。臨床獣医学分野では、MRI(磁気共鳴断層撮影装置)やマルチスライスCT(コンピュータ断層録影装置)など、最先端医療機器を備えた付属動物病院で行う臨床実習により、学生は専門的な診断技術と実践的な治療法に触れることができます。基礎獣医学分野においても、近年注目されている再生医療法の確立や、国内では数少ないイルカなどの海棲哺乳類の生理学的・免疫学的研究を実施していることも特長です。応用獣医学分野では、付属動物医科学研究センターにおいて、現在国内外で大きな社会問題となっている人獣共通感染症に関する研究に取り組み、多くの若手研究者を輩出しています。このように、獣医学や医学の発展に貢献するさまざまな研究を行っています。

進路 「獣医臨床繁殖学実習」 牛の助産に関する実習 を実施している様子

進路

動物病院や農業団体、動物園などの臨床獣医師、国家・地方公務員、大学院への進学、各種研究所、民間企業などの研究職として多くの卒業生が活躍しています。

主な就職先

動物病院/社台ファーム/イオンペット/農業共済組合/日本獣医生命科学大学付属病院/農林水産省/北海道庁/岩手県庁/群馬県庁/東京都庁

動物資源科学科

TOP

家畜・伴侶動物・野生動物など動物全般を対象に
ヒトと動物の関係を幅広く考える

学びの特色 「伴侶動物学実習」 ドッグランにおける犬の行動観察

学びの特色

動物資源科学科は、人間が古代から飼育してきた家畜や家禽をはじめ、伴侶動物や野生動物などの動物全般を研究対象として、ヒトと動物の関係を幅広く考える学科です。教育・研究の領域は次の3分野を柱としています。「動物の生命科学に関する分野」では、動物の生理学、生殖学、栄養生理学などを学び、生命の営みの仕組みについて探究します。「健康と福祉に貢献する産業動物・伴侶動物に関する分野」では、家畜を健康に飼育して、乳・肉・卵製品の加工から販売までの知識を身に付けるほか、実験動物や伴侶動物の行動・心理についても研究します。「野生動物の保全管理など環境科学に関する分野」では、自然環境や野生動物の保全について学び、環境の経時的変遷と動物の環境適応に関する進化学的研究にも取り組みます。3年次からは10の研究室に分かれ、それぞれの希望に沿ったテーマの研究に取り組んでいきます。

進路 「動物性食品科学実験」 鶏卵の新鮮度判定(卵黄係数の測定)

進路

食品や飼料の製造・加工・流通関連、医療品製造・販売業のほか、動物園飼育員、動物検疫所、博物館、動物保護団体などで活躍。大学院に進学し、研究職に就く者も増えています。

主な就職先

家畜改良センター/赤城乳業/高梨乳業/森永乳業/山崎製パン/スターゼン/よこはま動物園ズーラシア/全国酪農業(協組連)/農林水産省動物検疫所/藤沢市役所

食品ビジネス学科

TOP

多様な「食」の世界を社会科学的アプローチで探究
食品ビジネスの将来を担う人材を養成

学びの特色 「フードコーディネート実習」 コンセプトに合わせた
テーブルセッティングをコーディネート

学びの特色

食品ビジネス学科は、「食料資源・環境」「食品産業」「食文化・食品科学」の3つの柱で構成されるカリキュラムにより、農場から食卓までの食の流れ(フードシステム)を学び、実践的に「食」を創造し新しい「食」の未来を追究する学科です。社会科学の科目を基礎としながら「文理融合」の要素も取り入れ、ゼミナールによる少人数教育とフィールドワークなど、現場重視の学びにより、「食」の安全・安心など日常的な「食」の問題から、地球規模での食料・農業問題などの「食」にかかわるさまざまな課題を深く掘り下げます。この学びを通して、「食」の幅広い世界を追究し、食で人を幸せにする新たな食品ビジネスの担い手=「食のプロデューサー」を養成します。

進路 「海外フードシステム現地研修」 台湾にて有機農法を用いた茶農園の見学

進路

食品・飲料・菓子などの製造業、卸・小売業、外食産業などの食品関連産業に進出。企画開発・営業部門や、食品製造・加工会社の後継者として活躍する者や、公務員、金融関係、大学院進学者もいます。

主な就職先

ロッテ/伊藤園/キユーピー/サントリーホールディングス/永谷園/日本ハム食品/日本食研ホールディングス/不二家/丸大食品/ハーゲンダッツジャパン

森林資源科学科

TOP

豊富な野外活動を交えた実践的教育で持続可能な
森林環境の実現に貢献できるフォレスターを養成

学びの特色 「夏季演習林実習」 北海道八雲演習林における
トドマツ間伐作業のための林分材積調査

学びの特色

地球環境問題や資源問題が取り沙汰されるいま、森林を扱う研究の重要性が高まっています。森林資源科学科では、人類の共有財産である森林をより良く活用しながら守っていくことをテーマに、豊富な野外活動を交えた実践的な教育・研究を行っています。「森林圏生物多様性科学」「森林圏環境システム学」「持続可能な森林経営・利用」「森林資源利用の工学・バイオテクノロジー」の4分野で森林資源科学の全体を網羅しており、3年次からは9つの研究室に分かれて専門性を深めます。近年、森林生態系の保全や、野生動物の保護・管理、樹木医の仕事を志望する学生も増えていることから、「森林資源科学インターンシップ」を実施。全国4か所にある演習林で実習・研究を行っているほか、指定科目の履修により「樹木医補」「測量士補」の資格取得が可能であり、「二級建築士」の受験資格も得られます。

進路 「森林航測学実習」 ドローン空撮画像の3次元解析

進路

国家公務員(農林水産省)や地方公務員として多くの卒業生が活躍。森林関係のコンサルタントや環境アセスメント、測量関係などに進む者のほか、約1割が大学院に進学しています。

主な就職先

農林水産省林野庁/森林総合研究所森林整備センター/一条工務店/国土防災技術/住友林業/住友林業緑化/日本製紙/三井ホームコンポーネント/応用地質/東京都庁等の林業職(関東甲信)

海洋生物資源科学科

TOP

水生生物や水圏環境を幅広く研究し
海洋環境の保全や人間生活との調和に貢献する人材を養成

学びの特色 「海洋生物資源科学基礎実習Ⅰ」 鵠沼海岸での地曳き網

学びの特色

海洋生物資源科学科は、海洋や汽水、淡水域に生息する生物と、それら水圏環境を広く研究対象とする学科です。「資源生産・利用科学」「環境科学」「生命科学」の3つの科学を複合したカリキュラムで、海洋環境の保全に貢献し、海洋生物環境と人間生活との調和を実現する人材の養成を目指しています。2年次後期終了時期には、日本技術者教育認定機構(JABEE)に認定された海洋生物資源科学分野の専門技術者を養成する「海洋生物資源応用コース」か、専門分野以外の学びも深める「海洋生物資源広域コース」のいずれかを選択。3年次から各研究室に分かれて、専門性を深めます。また、魚類飼育室や遺伝子解析室などを備えた「海洋生物実験センター」や、静岡県下田市の「下田臨海実験所」など、研究施設・設備も充実。「インターンシップ/学外研修」では、水族館や企業などで研修を受けることもできます。

進路 「海洋環境学実験」 実習船すざき2世

進路

食品・飲料・乳製品などの製造・加工・流通業をはじめ、水族館、博物館、各種研究所、海洋環境アセスメント、公務員など、多彩な分野で活躍。約1割は大学院に進学しています。

主な就職先

江ノ島マリンコーポレーション(江ノ島水族館)/極洋/マルハニチロ/マリンフーズ/日本水族舘/大阪府立環境農林水産総合研究所/山梨県水産技術センター/横浜八景島(八景島シーパラダイス)/神奈川県教育委員会/海上保安庁

生物環境工学科

TOP

生物・環境・工学の幅広い知識を修得し
人と自然、人と生物との持続的な共生環境を実現する

学びの特色 「建築設計製図」 エコロジカルな街区と集合住宅

学びの特色

「生物環境工学」とは、人が健康で持続的に生きていくために必要な食料、エネルギー、環境を創り出すための総合科学です。生物環境工学科では、生物・環境・土木・建築・機械などの幅広い知識と技術を備え、人と自然、人と生物との持続的な共生環境を保全・修復・創造できる技術者等の専門家を養成します。学生は、生物環境工学の幅広い専門知識と応用技術を多面的に学修します。1、2年次は一般的な教養とともに専門分野の基礎を主に講義によって学び、3年次からは専門分野に関わる実験や研究に取り組みます。在学中あるいは卒業後に取得できる資格に、技術者として活躍する可能性が広がる修習技術者、測量士補、環境再生医初級、さらには一級建築士(卒業後、2年以上の実務経験年数が必要)や二級・木造建築士及び土木施工管理技士(1・2級)や建築施工管理技士(1・2級)(それぞれ卒業後、一定期間の実務経験年数が必要)などの受験資格があるのも特長です。

進路 「水環境工学実験」

進路

国、都道府県や市町村などの自治体で、食料生産や農村環境・都市環境整備などにかかわる技術系公務員として多くの卒業生が活躍しています。建設業界や機械メーカー、食品加工会社に就職する学生も多く、また農林業関連団体に就職する学生や大学院に進学する学生もいます。

主な就職先

大成建設/大林道路/積水ハウス/日本食研ホールディングス/森永製菓/東日本旅客鉄道/全国農業(協組連)/前川製作所/農林水産省/東京都庁

食品生命学科

TOP

食の未来を担う人材の養成を目指し、食品科学と
生命科学の視点から食や食品の課題に取り組む

学びの特色 「食品製造実習」 ソーセージの製造

学びの特色

より安全で健康に役立ち、環境に配慮した食品に対するニーズは、年々増加しています。こうした時代の変化に対応するため、食品生命学科では、食品科学と生命科学の視点から研究を進め、豊かで安全な「食の未来」を担う技術者、研究開発者の養成を目指しています。「食を知る」「食をつくる」「食をまもる」を基本コンセプトとしており、講義と多くの実験・実習を通じて、食品製造の原理や技術を総合的に身に付けることができます。また、フードケミストリー分野、フードテクノロジー分野、フードセーフティ分野、フードファンクション分野の4つの専門的な視点から、食品づくりができるよう科目を配置しており、分野別に必要な科目を集中して修得することにより、専門的に食品を見る“目”も養います。4年次には7つの研究室に分かれて、専門分野をさらに深化させる卒業研究に取り組んでいきます。

進路 「食品衛生学・微生物学実験」 顕微鏡による微生物の観察

進路

食品・飲料・菓子などの製造業で多くの卒業生が活躍しています。卸・小売業や、食品衛生、食品分析関連の公的機関に進む者もいるほか、約1割は大学院に進学しています。

主な就職先

山崎製パン/伊藤園/ヱスビー食品/カゴメ/麒麟麦酒/ケンコーマヨネーズ/高梨乳業/タカノフーズ/テーブルマーク/中村屋

国際地域開発学科

TOP

文系・理系を含む幅広い学びを通して
国際社会に貢献するこころ豊かな国際人を養成する

学びの特色 「学科海外研修」山岳の暮らしコース
カロー小学校(ミャンマー)でのふれあい

学びの特色

国際地域開発学科は、環境、資源、貧困、食と農、農村開発など、幅広い分野の学びを通して、社会や国際平和に貢献する「こころ豊かな国際人」を養成する学科です。カバーする専門領域は、文系、理系を含む6分野。生態学や作物栽培を学ぶ「農業分野」、環境保全の知識を学ぶ「環境分野」、食料や流通、農業経済を学ぶ「アグリビジネス分野」、アジア、アフリカ、ラテンアメリカの貧困問題を解決する「貧困削減分野」、世界各地の文化や語学を理解する「共生分野」、国内外で活躍するための英語力を身につける「英語インテンシブプログラム」から構成されています。また、少人数制の語学教育や、学生の自主性を重視する「スタディ・スキルズ」「地域研究」など、実践的能力を育むカリキュラムにも力を入れているほか、3年次からは16の研究室に分かれ、各自が関心のあるテーマについて研究を深めていきます。

進路

JICA(国際協力機構)などの政府系国際協力機関、NGO(非政府組織)や卸・小売業やサービス業など、幅広い分野に進出。大学院進学者や、青年海外協力隊員として活躍する者もいます。

主な就職先

博報堂プロダクツ/MeijiSeikaファルマ/全日本空輸/ヤンマーアグリジャパン/成城石井/農業総合研究所/横浜農業(協)/広島県土地改良事業団体連合会/横須賀市教育委員会/神奈川県庁

応用生物科学科

TOP

最先端のバイオサイエンスの研究を通して
社会組織を担える人材を養成する

学びの特色 「応用生物科学実験Ⅱ」 カビの植菌をする学生

学びの特色

バイオサイエンスやバイオテクノロジーは、生物学や農学、医学、薬学、工学など、幅広い分野を支えています。応用生物科学科では、主に微生物や動植物細胞の構造や代謝、機能について多様な研究を通して社会組織を担える人材の養成を目指しています。遺伝子レベルから組織レベルまで生命現象を基礎から幅広く理解し、それを応用につなげることができるバランスのよいカリキュラムが特長で、特に2・3年次には週2回の学生実験を中心に、専門知識を深めていきます。また、最先端のバイオテクノロジー設備を備えた「生命科学研究所」及び「総合研究所」を教育・研究活動の舞台としてフル活用。外部研究機関などと連携を図りながら、遺伝子関連をはじめとする基礎から応用までの幅広い研究を進めています。3年次からは8つの研究室に分かれ、卒業研究に取り組みます。

進路 「特別講義Ⅰ」 アクティブラーニング形式の授業で
議論しながら企画書を作成する学生

進路

食品・飲料、医薬品、化粧品、化学工業などの製造業や卸・小売業を中心に、幅広い分野で活躍。公務員や医療・研究機関に進む者も多く、約3割は大学院に進学しています。

主な就職先

武田薬品工業/伊藤園/伊藤ハム/キユーピー/山崎製パン/ロッテ/科研製薬/カネコ種苗/ニチレイフーズ/中外製薬

くらしの生物学科

TOP

くらしの中の情報を科学の目で正しく理解・判断する
知識と技術を身に付け地域社会に貢献する

学びの特色 藤沢市環境事業センターイベントの運営ボランティア

学びの特色

私たちのくらしには、食品、生物、環境などにかかわるさまざまな情報が存在します。くらしの生物学科では、「科学の目」でそうした情報を正しく理解・判断できる知識と能力を身に付け、現代社会の諸問題の解決に社会と連携して取り組める人材の養成を目指しています。くらしの生物学科では、食べ物と人の健康との関係、日常生活を支えるバイオテクノロジー、くらしの中の園芸や植物の利用、人と身近な動物との関わり、市民参加型のまちづくりなど、ミクロの世界から地域環境までの幅広い分野を学びます。また、地域社会やキャンパス内のフィールドを活用した実践的な実験・実習、ボランティア活動などの実践型教育を重視し、グループワークなどアクティブラーニングを通じた学生参加型で密度の高い教育環境を整えていることも特長です。さらに、1年次より教員がアドバイザーとして個別に指導し、学生生活をサポートしています。

進路(くらしの生物学科は2015年4月開設) 高大連携授業でのDNA抽出実験

進路(くらしの生物学科は2015年4月開設)

幅広い知識と技術を活用できる公務員やJAのような団体職員、ホームセンターやデパートなどの小売業、住宅産業、さらに食品・医薬品・建築関連産業や農業などを想定しています。

TOP