学びの特色

充実した導入教育と基礎学力を伸ばす個別指導で
1年次からスムーズに大学での学びをスタート

理工学部最大の特長は、充実した導入教育です。専門分野への動機づけを行う「インセンティブ科目」と、基本的な学習技術を習得する「スタディ・スキルズ科目」を1年次に受講することで、大学の学びにスムーズに入っていくことができます。また、英語・数学・物理学・化学の基礎講座や個別指導を行う「パワーアップセンター」も設置。さらに、1年生全員がTOEIC Bridge®やTOEIC®を受験する環境も整えており、国際社会で求められる語学力を早い段階から養います。

「未来博士工房」や「テクノプレース15」など
充実した工房・研究施設で自主性や潜在能力を引き出す

専門的なものづくりをしたいという学生のニーズに応えるため、1年次から参加できる「未来博士工房」を開設。7つの工房(プロジェクト)を拠点に、実践的な教育・研究活動で学生の潜在能力を引き出します。また、研究活動を支える実験設備も充実。船橋キャンパスの総合実験施設「テクノプレース15」では、環境水理実験室、航空機実験室、宇宙工学実験室など、多岐にわたる最新鋭の実験設備を設置し、官公庁や企業との共同研究や受託研究の場としても活用しています。

企業の採用活動を踏まえた実践的な就職支援講座を開講
学部を挙げたキャリア支援で夢の実現をバックアップする

学生の就職・キャリア支援にも力を入れています。各学科就職指導担当者、研究室、就職指導課、キャリア支援センターが連携を取り、マンツーマンの就職指導を実施。企業の採用活動のトレンドを踏まえて、「コンピテンシー診断」「キャリアデザイン講座」などのキャリア支援プログラム、グループディスカッションや模擬面接などの実践的な就職支援講座も開講しています。また、就職や進路に関する相談に応じる専門のカウンセラーが常駐するなど、学生の就職をさまざまな面からサポートしています。

TOP