学びの特色

「実学としての商学」を重視したカリキュラムで
社会環境の変化に対応できる真のビジネスリーダーを養成

商学部が重視しているのは、「実学としての商学」です。市場経済や企業活動を幅広く学び、社会環境の変化に柔軟に対応できる応用力、実践力、創造性を持ったビジネスリーダーを養成しています。将来の進路を決定する足がかりとして、1年次の「専門基礎科目」で専門知識の基礎をしっかりと身につけた上で、2年次からは7つのコースに分かれ、体系的かつ合理的に専門知識を習得。また、学科の枠を超えて選択できる少人数制のゼミナールも用意しています。

学ぶ意欲のあふれる学生を経済面から支援する奨学金や
キャンパスリニューアルなど充実した教育環境を実現

学ぶ意欲のあふれる学生を経済面からバックアップできるよう、給付型の奨学金制度も充実させています。学業成績が優秀な学生に対して年間授業料相当額を給付する「商学部奨学金」、学部が指定した各種資格などを取得した学生に対して奨励金を給付する「商学部資格等取得奨励金」などさまざまです。また、2015年にキャンパスリニューアル工事が完了し、2016年には新たに学生ラウンジが完成するなど、学生は充実した環境のもと、勉強や研究に打ち込むことができます。

学外より低額で受講できる資格取得支援講座を開設
外国語で専門分野を学ぶ実践的な語学教育も実施

専門学校と提携した12の資格取得支援講座を開設。学外より低額で受講できるなど、経済的な面からも資格取得を目指す学生をサポートしています。グローバル化の進展など、時代の変化に対応し、語学教育にも力を入れています。特に英語は、国際的なビジネスの場で通用する水準まで段階的に高められるよう、必修科目として習熟度別のクラスを編成。3年次の「外国語専門科目」では、「外国書講読Ⅰ」のほかに、外国語で専門分野を学ぶ授業も設けています。

TOP