学科紹介(歯学科)

主な学びの領域

教科 内容
1年次~6年次
医療行動科学領域 歯科医師としてのプロフェッショナリズムを修得するための知識・技能を、1年次から6年次まで一貫して学びます。統合型講義により、知識の修得だけではなく、学内外での体験学習をはじめ、社会から求められる医療人としての資質・人格を段階的に形成していきます。
歯科医学総合講義領域 各学年で学ぶべき知識・技術が確実に修得されているかを再確認することを目的にした科目で、講義と試験で構成されています。試験結果は個人ごとにデータベース化され、重点課題を明確にした学修目標を定めることによって、確実なステップアップが図れます。
1年次
教養系領域(教養・外国語・保健体育・準備教育) 歯科医師には専門知識・技術だけでなく、幅広い教養も必要という観点から、充実した教養科目群を設けています。外国語科目は「英語」「ドイツ語」が必修となっています。準備教育科目の「数学」では、パソコンを利用した情報の処理方法や科学レポートの作成法を学修。「物理学」「化学」「生物学」においては、基礎歯科医学との関連性を重視した学修指導を行っています。
2年次
基礎形態機能学領域 「歯の解剖学」「解剖学」「生理学」など歯科医師になるために必要となる基本的な科目を中心に、生体の構造や機能について幅広い医学知識を修得します。
※「歯の解剖学」は1年次に履修
2年次~3年次
分子生物学領域 「生化学」「薬理学」などを介して、からだの器官や組織、細胞レベルの機能や生体と薬物との相互作用を学び、からだ全体についての医学的知識を培います。講義と実習を組み合わせることで、知識と実践の両方を併せもった医学・歯科医学の基礎を身に付けます。
3年次
病態基礎医学領域 病気の実態を解明するための「細菌学」「病理学」を学び、実際の歯科治療の知識・技術修得へ向けて基礎知識を身に付けます。
3年次~4年次
臨床歯科医学領域・社会系歯科医学領域 からだ全体についての医学的知識をもとに、歯科治療はどうあるべきかという理論と具体的な治療法について学びを深めていきます。さまざまな歯科疾患とその治療法を学び、多様な医療対応を修得します。さらに、科学論文の理解に必要な医療統計学の基礎を学びます。
4年次
総合医学領域 5年次に行われる臨床実習前に、内科学・外科学などを主体にした医学分野を横断的かつ複合的に学び、口腔の健康は全身の健康を支えるという考え方を実践するための知識・技術を、統合型講義によって身に付けます。
5年次
臨床実習領域 臨床実習は、電子カルテシステムなど、さまざまな最新設備が整備された隣接の付属病院で実施されます。指導医の指導を受けながら、1年間をかけて医療現場の実務を修得します。患者さんと実際に接することによって、技術だけにとどまらず、歯科医師としての態度も学び、職業意識を培う機会にもなります。

歯科医師国家試験合格率(新卒者)

第107回
(2014年)
第108回
(2015年)
第109回
(2016年)
第110回
(2017年)
第111回
(2018年)
72.3% 73.0% 58.9% 79.3% 59.8%

歯科医師国家試験合格体験記

着実に知識を身に付けられる毎日の講義と
同じ目標を持った仲間がいることが力になった

日本大学松戸歯学部付属病院 研修医
山田 彩加さん
(2016年度歯学科卒)

日本大学松戸歯学部付属病院 研修医 山田 彩加さん

講義では毎回、チェックテストが行われ、勉強はハードでしたが、確実に知識を身に付けることができました。また、講義で使用されるオリジナルのプリントも非常にわかりやすく、これをきちんと復習していくことで、知識をしっかりと自分のものにできます。なによりも先生方が厳しくも、丁寧に指導してくださるので、自然とやる気がわいてきます。5年次からは「医療行動科学」で歯科医師国家試験の過去問題も取り上げられるようになり、この講義で学生同士、互いに質疑応答を行ったり、放課後はグループで一緒に勉強したりしました。同じ目標を持ち、みんなでがんばる雰囲気は大いに励みになります。最後になりますが、松戸歯学部はクラブ活動も盛んで、先輩から情報や助言を得やすい環境でもあります。

TOP