学科紹介(歯学科)

主な学びの領域

教科 内容
1年次~6年次
医療行動科学領域 歯科医師としてのプロフェッショナリズムを習得するための知識・技能を、1年次から6年次まで一貫して学びます。授業は統合型講義で行われ、知識の習得だけではなく、学内外での体験学習を含め、社会から求められる医療人としての資質・人格を段階的に形成していきます。
歯科医学総合講義領域 各学年で学ぶべき知識・技術が確実に習得されているかを再確認することを目的にした科目で、講義と試験で構成されています。試験結果は個人ごとにデータベース化され、重点課題を明確にした学習目標を定めることによって、確実なステップアップが図れます。
1年次
教養系領域(教養・外国語・保健体育・準備教育) 歯科医師には専門知識・技術だけでなく、幅広い教養も必要という観点から、充実した教養科目群を設けています。外国語科目は「英語」「ドイツ語」が必修となっています。準備教育科目の「数学」では、パソコンを利用した情報の処理方法や科学レポートの作成法を学習。「物理学」「化学」「生物学」においては、基礎歯科医学との関連性を重視した学習指導を行っています。
2年次
基礎形態機能学領域 「歯の解剖学」「解剖学」「生理学」など歯科医師になるために必要となる基本的な科目を中心に、生体の構造や機能について幅広い医学知識を習得します。
※「歯の解剖学」は1年次に履修
2年次~3年次
分子生物学領域 「生化学」「薬理学」などを介して、からだの器官や組織、細胞レベルの機能や生体と薬物との相互作用を学び、からだ全体についての医学的知識を培います。講義と実習を組み合わせることで、知識と実践の両方を伴った医学・歯科医学の基礎を身につけます。
3年次
病態基礎医学領域 病気の実態を解明するための「細菌学」「病理学」を学び、実際の歯科治療の知識・技術習得へ向けて基礎知識を身につけます。
3年次~4年次
臨床歯科医学領域・社会系歯科医学領域 からだ全体についての医学的知識をもとに、歯科治療はどうあるべきかという理論と具体的な治療法について学びを深めていきます。さまざまな歯科疾患とその治療法を学び、多様な医療対応を習得します。さらに、科学論文の理解に必要な医療統計学の基礎を学びます。
4年次
総合医学領域 5年次に行われる臨床実習前に、内科学・外科学などを主体にした医学分野を横断的かつ複合的に学び、口腔の健康は全身の健康を支えるという考え方に基づく「医学的歯科学=メディコデンタルサイエンス」を実践するための知識・技術を、統合型講義によって身につけます。
5年次
臨床実習領域 臨床実習は、電子カルテシステムなど、さまざまな最新設備が整備された隣接の付属病院で実施されます。担当医の指導を受けながら、1年間をかけて医療現場の実務を習得します。患者さんと実際に接することによって、技術だけにとどまらず、歯科医師としての態度も学び、職業意識を培う機会にもなります。

歯科医師国家試験合格率(新卒者)

第106回
(2013年)
第107回
(2014年)
第108回
(2015年)
第109回
(2016年)
第110回
(2017年)
85.9% 72.3% 73.0% 58.9% 79.3%

歯科医師国家試験合格体験記

授業そのものが国家試験対策
親身な先生と仲間の存在を支えに臨む

日本大学松戸歯学部付属病院 研修医
黒江 星斗さん
(2015年度歯学科卒)

日本大学松戸歯学部付属病院 研修医 黒江 星斗さん

授業できちんと学び、卒業試験に合格すれば、国家試験にも合格できる力が自然と身につきます。もちろん勉強は大変ですが、それを乗り越えられるのは、親身になってサポートしてくれる先生の存在があるからです。分からない問題が出ても、時間を割いて答えてくれます。一緒に勉強してきた仲間の存在も大きい。テストがあれば毎回、班ごとに結果を分析し、課題点などをレポートにして提出します。自然と、仲間同士で勉強して励まし合う習慣ができます。仲間と言えば、先輩方の存在もあります。松戸歯学部はサークル活動も盛んなので、縦のつながりも濃く、先輩方から学ぶことも多いのも特長です。

TOP