学科紹介(医学科)

主な学びの領域

教科 内容
1年次~6年次
医学英語 一般教育で学ぶ英語に加え、1年次から6年次まで一貫した医学英語教育を行っています。医師に必要な医学英語の基礎力と応用力を磨き、英語での診察やディスカッションを可能にする、実践的なスキルの習得を目指しています。
1年次
一般教育 一部の科目は、基礎医学との融合を図り、さまざまな角度から基礎医学の理解を深め、臨床医学を学ぶ上で必要な知識を養います。
1年次~2年次
基礎医学 臨床医学を学ぶための基盤づくりとして、「生体の認識から病態の理解」を学問領域別系統講義で学びます。人体の組織、構造や臓器の構成などの生体機能について理解を深め、病気の原因、発生機序の解明など病態についても学びます。
3年次~4年次
臨床医学 PBLテュートリアルと、従来の学系や分野にとらわれない、臓器・疾患別の統合型講義によるハイブリッド形式で、臨床医学についての専門知識を確実に構築します。
4年次
社会医学 医師の視点で、医療環境や病気の予防、法律と医学の関連など医療を取り巻くさまざまな周辺領域を多面的に学びます。
4年次~5年次
臨床実習 臨床実習はBSL(Bed Side Learning)と呼ばれるように、患者さん本位の医療の実践を学ぶ貴重な機会です。学生は「Student Doctor」と呼ばれ、医療の現場で患者さんや医療関係スタッフと直接コミュニケーションを図りながら、診断・治療の技術と知識を習得します。4年次後半からの「臨床実習」では、付属病院や学外施設などで、指導医のもと一定範囲の医療行為を行う診療参加型実習(クリニカル・クラークシップ)の形式で進められます。
6年次
自由選択学習/選択臨床実習/総合講義 学生自身の興味・関心を持つコースを選択し、これまで得た知識の確認と卒業後の進路を考慮して選択することも可能なカリキュラムです。また、6年間最後のカリキュラムである総合講義で、知識の再構築を行います。

医師国家試験合格率(新卒者)

第107回
(2013年)
第108回
(2014年)
第109回
(2015年)
第110回
(2016年)
第111回
(2017年)
99.1% 90.6% 95.0% 99.1% 91.4%

医師国家試験合格体験記

知識が身につくカリキュラムと自らの意欲で
国家試験をクリアし、「高い人間力を有する医師」を目指す

日本大学医学部付属板橋病院
渡邉 真太郎さん
(2015年度医学科卒)

日本大学医学部付属板橋病院 渡邉 真太郎さん

先天性の心疾患を持つ子供たちに貢献できればと医師を目指しました。国家試験対策については、6年次の総合講義でセクションごとに講義とテストが繰り返され、知識の確認と再構築ができるように設定されており、そのような授業は他大学には無いものだと実感しました。また5年次では国家試験対策としてだけでなく、臨床実習で患者さんのことを考えながら実習できるようにと、研修医向けの本を読んだり、外部の症例検討会に定期的に参加するなどして研鑽に励み、それが国家試験突破に活きたと思っています。卒業後は小児科の医局でしっかりと学び、「高い人間力を有する医師」を目指します。

TOP