学びの特色

医薬品を適正に扱うための科学的な知識はもちろん
チーム医療の一員として活躍するための人間性形成も重視

薬剤師には、医薬品を適正に使用できる科学的な知識や、チーム医療の一員としての役割を果たすための態度や技能が求められます。薬学部では、基礎薬学、応用薬学、医療薬学、衛生薬学などの講義や、豊かな人間性の形成にかかわる教養科目、知識・技能・態度を習得するための実習を通して、薬剤師として活躍できる能力を養います。学生同士が議論しながら理解を深めるグループ・ディスカッション形式の授業により、医療現場で不可欠なコミュニケーション能力なども段階的に身につけることができます。

きめ細やかな学生生活サポートや総合大学のメリットを活かした
実践的な学びを展開、共同研究など学部間交流も盛ん

「クラス担任」「アドバイザー制度」など、学業から学生生活までをきめ細やかにサポートしているのも特長です。また、医療や医薬品開発の現場を体験する1年次の「早期臨床体験」や、日本大学付属病院や薬局で実習を行う5年次の「薬学実務実習」など、関連施設と連携した実習も実施し、総合大学のメリットを活かした実践的な学びを展開。日本大学の医療系学部に加えて、医療機器の開発に取り組む理工系学部と共同研究を実施するなど、学部間の交流も盛んです。

独自の合同企業セミナーやランチョンセミナーなど
きめ細やかな就職支援で高い就職実績を実現

きめ細やかな就職支援も薬学部の大きな特長です。学部独自の合同企業セミナーや、昼食をとりながら気軽に企業の担当者から情報収集できるランチョンセミナーを開催。また、4年次以降に所属する各研究室に就職指導を行う教員を配置して学生の進路決定をサポートしており、高い就職実績を実現しています。
そのほか、模擬病棟・模擬薬局を持つ「実践型校舎(8号館)」や約1,000種類の薬用植物を栽培している「薬用植物園」など、高度な薬学研究に取り組む環境も整備しています。

TOP