学びの特色

体育・スポーツ分野の需要拡大を踏まえて
スポーツに関する科学的研究を推進

近年、競技スポーツに対する認識が社会的に深まっており、競技力の向上だけでなく、心身の健全な発達・保持増進にかかわる科学的アプローチの需要も拡大しています。日本大学はこれまでも世界レベルのトップアスリートを数多く輩出してきましたが、スポーツ科学部では、各競技部で蓄積された実践的な知見を基に、社会や時代のニーズに柔軟に対応しながら、競技スポーツ水準の向上や優秀なスポーツ選手・指導者の養成、スポーツに関する科学的研究の推進を目指します。

コーチング学を中心とした実践理論の習得と
サポート科学にかかわる専門知識も総合的に学習

スポーツ科学部では、体育・スポーツという事象の中でもスポーツに備わっている「競争性」の比重が高い競技スポーツを対象に、「コーチング学」を主軸に据えた専門教育を行います。アスリートとコーチに必要なコーチング学やトレーニング学を中心とした実践理論を習得するとともに、自然科学・医科学・社会科学・形式科学といった「サポート科学」にかかわる専門知識を体系的かつ総合的に学び、競技スポーツに関わる諸問題や課題を発見・解決していく能力を養います。

学生の目標に応じる2つのコース制を用意人材ニーズを分析したキャリア教育も充実

競技力向上にかかわる理論と実践を学びながら、運動創発能力(自ら運動を習得していく能力)を高める「アスリートコース」と、アスリート、コーチ、サポート業務従事者の立場を理解した競技スポーツのゼネラリストを目指す「スポーツサポートコース」の2つのコースを用意。「アスリートキャリアデザイン」や「スポーツ・インターンシップ」など、プロアスリートとしての将来や、競技スポーツにかかわる団体・企業の人材ニーズを考慮したキャリア教育も充実させています。

TOP