学科紹介

危機管理学科

TOP

さまざまな危機の管理手法を研究し
広い視野と柔軟な思考力を持つ危機管理の専門家を養成

危機管理学科

学びの特色

自然災害からネットワーク犯罪まで、社会にはさまざまな危機が存在しており、「危機管理」は私たちの生活にとても身近な問題です。危機管理学科では、現代社会のあらゆる場面で活躍できる危機管理のエキスパートを養成し、安心・安全な社会の実現に貢献することを目指しています。学生各自の興味や適性に応じて段階的に学びを深めていくカリキュラムを用意しており、さまざまな災害対策を学ぶ「災害マネジメント領域」、さまざまな犯罪から公共の安全を確保する方法を学ぶ「パブリックセキュリティ領域」、世界で発生する政治的危機に対抗する国際的な取り組みを学ぶ「グローバルセキュリティ領域」、ネットワークにおける情報管理について学ぶ「情報セキュリティ領域」の4領域から自由に履修することができます。2年次からは「行政キャリア」「企業キャリア」に分かれ、さらに専門性を伸ばしていきます。

進路(危機管理学科は2016年4月開設)

行政分野では、国土やインフラの安全にかかわる国土交通省や気象庁、国民の生命や財産を守る警察庁や法務省などの国家公務員、警察官や消防吏員、防災や危機管理にかかわる地方公務員などでの活躍が期待されます。一般企業では、警備業、高い安全性が求められるライフライン関連企業、安全管理やコンプライアンス(法令を守り企業としての信頼を失わないこと)、CSR(企業の社会貢献や社会的責任に関する活動)、情報セキュリティなどのリスクリテラシーが求められる業種・部門の進出が考えられます。

TOP