TOP

校友会

個人情報保護指針

日本大学校友会は、個人情報取扱事業者として、個人情報の保護を事業運営上の最重要事項のひとつと位置づけ、学校法人日本大学が定めた個人情報保護に関するガイドラインに基づき、以下の方針により、個人情報を正確かつ安全に取り扱うことに努めます。
  1. 個人情報を収集する場合は、収集目的を明確に開示して収集します。収集した個人情報は、本人の同意を得た範囲内で利用し、また同意を得た範囲以外の第三者への提供・開示は行いません。
    個人情報の取扱いを第三者に委託する場合は、個人情報の適正な利用の実現のために監督を行います。
  1. 個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等に対して、技術面及び組織面において合理的で適正な安全対策を講じます
  1. 個人情報に対し、本人から開示、訂正もしくは削除、または利用もしくは提供の拒否を求められたときは、社会通念や慣行に照らし、合理的な期間、妥当な範囲で応じます。
  1. 業務に従事する全ての者に対し、個人情報保護の重要性とその責任を認識させることに努めます。
  1. 個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。
  1. 個人情報の保護について適法な取扱い、管理(不服申立ての処理を含む)を実施するために、大学の「校友情報の保護と運用に関する内規」に基づき、総務担当の常務理事を校友情報管理者として、またこれを委員長とする校友情報管理委員会を置いています。