TOP

就職・キャリア

多彩な就職支援プログラム

日本大学では、合同企業研究会・就職セミナーをはじめとして、大学全体が連携し、多彩な就職支援プログラムを展開しています。

多彩な就職支援プログラム拡大表示

合同企業研究会・就職セミナー

合同企業研究会・就職セミナーは、就職力が身につく日本大学ならではの就職支援プログラムの1つです。2015年3月に、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催され、16回目を数える今回は、参加企業・団体数、参加学生数ともに過去最大のイベントになりました。日本大学の学生のために292の企業・団体が参加。会場には、各学部生、短期大学部生、大学院生ら延べ17,000人が来場し、学生たちは広大な展示ホールに設けられた企業ブースや企業別セミナー会場の中から目的の企業を訪問し、担当者の話に熱心に耳を傾けました。このイベントは日本大学の学生のみを対象としたものであり、地方企業や官公庁からの参加や、Uターン・留学生情報コーナー、スポーツ業界希望学生相談コーナーが設置されているところも特色です。

Student Message 合同企業研究会・就職セミナーに参加して

中里 駿大公さん

一流の企業が
数多く出展しており
たいへん刺激を受けています

中里 駿大公さん

文理学部 中国語中国文化学科4年

総合商社を希望しており、エントリーしたいと考えている会社が参加しているため、このセミナーに参加しました。もちろんそれだけでなく、他の企業の話も伺い、視野を広げたいという思いもあります。実際に参加してみると、一流の企業が数多く参加しており、たいへん刺激を受けました。さまざまな企業の話を聞く機会を設けていただき、たいへんありがたく思っています。これをきっかけに、就職活動に臨んでいきたいと考えています。

田中 なつ子さん

地方の企業や大企業の参加も多く
日大生を採用したいという
意気込みを感じます

田中 なつ子さん

生物資源科学部 生物環境工学科4年

大学では建築分野を学んでいるため、大学での学びを活かしたいと思い、建設業の企業の説明を受けました。また、それ以外にも地方の企業が数多く参加しており、私の出身地の企業もあったので、建設業以外の企業の話も聞くことができました。参加する前は中小企業が多いのかなと思っていましたが、いわゆる大企業の参加も多く、驚きました。日大生を採用したいという意気込みを感じ、これから就職活動が本格化するにあたり、とても勇気づけられました。