TOP

大学概要

学長メッセージ

大塚学長

日本大学学長
大塚 吉兵衛(おおつか きちべえ)

ごあいさつ

日本大学では、変化する時代のニーズに応えるべく、2016年4月より危機管理学部・スポーツ科学部の2つの学部を開設し、新たな歩みを始めました。また、教育改革にむけても、「N.グランドデザイン」に基づいて社会で積極的に活躍できる“日大人”を養成すべく、全学的に共通認識を持って教育の質向上への取り組みを進めております。本学は、教育の目的の根幹に「日本精神にもとづき 道統をたっとび 自主創造の気風をやしなう」を掲げ、さらに「文化の進展をはかり 世界の平和と人類の福祉とに寄与する」ことを具体的な目的としています。この目的を基に、3つのポリシー(ディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシー)を策定し、全学的教育基盤の整備に努めています。また、学生の修学環境整備にも力を入れており、学生寮建築や奨学金制度の充実に努め、支援の強化を図っています。各学部のキャンパス整備も進んでおり、教育環境の充実をさらに進めるとともに、学術資源の社会還元にも責任を果たしてまいります。

自主創造型パーソン(日大人)の育成

日本大学は、養成すべき人材像として「自主創造型パーソン(日大人)」を掲げています。自主創造とは自ら考え、自ら学び、自ら道をひらく精神のことであり、積極的に社会に関わっていく活力ある人間を育てたいと考えております。こうした自立型人材を育成し、複雑な現代社会に対応していける斬新な発想のできる自由闊達な「学びの場」を提供することを常に心掛けております。この学びの意識付けをすることを目的に、全学共通初年次教育科目「自主創造の基礎」が2014年度から展開されており、今後は16学部・短期大学部・通信教育部間を相互に交流できるように展開し、多様な人材が積極的に学び合えることを取り入れてまいります。日本大学の特色を最大限に活用し、本学の目的を踏まえた「自主創造型パーソン」の育成に努めてまいります。

知識の修得と実践

新しい知識、情報、技術が政治・経済・文化などあらゆる領域での活動の基盤として重要性を増す社会となり、皆さんは、ICTの深化、技術革新などから幅広い知識と柔軟な思考力を備えて、多種多様な問題に対応していかなければなりません。日本大学は文系、理系、医歯薬系などあらゆる学問分野を網羅する総合大学です。その多様性を最大限に活かすことで、自分が学ぶ専門分野のみならず他分野の知識・教養を修得できる環境にあります。
 常に高い志をもち、気概あふれる学生生活を送る中で身に着けた知識・教養力は実践社会での大きな武器となるばかりでなく、皆さんの一生の財産となります。「一念通天」。強い信念をもって一心に努力を続けていけば物事は必ず成し遂げられるものです。 国内最大規模の日本大学はその社会的責任を果たすべく、積極的な教学施策で皆さんの期待に応える努力を続けてまいります。