TOP

留学・国際交流

CIEE主催海外ボランティア・研修

本学は、CIEEのメンバー校であり同協議会の活動を支援しています。
CIEが実施する海外ボランティアは年間約1000名参加しており、活動地域はヨーロッパ、北中米、アジア、オセアニアの約30か国で、主に夏休み、春休みなどを利用した2~4週間の短期プログラムです。

活動内容は教育体験、環境保護、社会福祉、地域サポートなど多岐に渡ります。実践的な英語コミュニケーション能力を鍛え、異なる文化やことばをもつ世界の人々との出会いの大切さや感動を実感できるプログラムです。
参加に際しては、特別な資格や経験は必要なく、積極的な姿勢があれば参加できます(一部プログラムでは英語力の要件があります)が、渡航の手配・準備を自ら行います。

このように自分で考え、自発的に行動を起こすことが求められるなど、本学の教育理念、自主創造に合致するプロジェクトです。なお、プログラム参加にかかるCIEEメンバー会費(¥5,000)が免除されます。

プログラム参加に際しての注意

プログラムには、本学の各大学院研究科及び各学部の学事日程に合わないものも含まれています。したがって、 各プログラムの実施時期が、現在、履修している科目の授業及び試験日程と重なる場合は、参加できませんのでご注意ください。プログラムへの参加申込を行う場合は、授業・試験日程等を確認の上、自己の責任で行ってください。

また、CIEE主催海外ボランティア・研修に参加する場合及び旅行や海外留学など個人で海外に渡航する場合は、所属学部・研究科で定める海外渡航の手続きに従い、定められた部署への届出等を行ってください。

CIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップの募集について

国際教育交換協議会(CIEE)日本代表部では,設立50周年を記念した奨学金受給者を募集することとなりました。
本奨学金は,CIEE本部が2017年に実施する夏期留学プログラムが対象となっています。
詳細は以下のPDF及びCIEEのサイトを参照してください。
 
CIEE JAPAN 50周年記念スカラーシップ募集サイト
募集パンフレット
 

CIEEについて

ボランティア活動をする日本大学の学生(写真提供:CIEE)

Council on International Education Exchange(国際教育交換協議会:CIEE)は1947年にアメリカで設立された非営利法人です。
現在メイン州ポートランドに本部を置き、学生、社会人、教員を対象とした様々な国際交流プログラムを開発・運営しています。

日本代表部は1965年東京に開設されて以来、日本の国際交流の草分けとして様々な国際交流プログラムを運営し、これまでに6万5千人がCIEEのプログラムに参加しています。また、1981年以降米国Educational Testing Service (ETS)の委託を受け、TOEFL®テスト日本事務局としてTOEFL®テスト広報活動、TOEFL ITP®テストの運営、Criterion® をはじめとするETS公式プロダクトの普及促進活動などを行っています。


CIEE主催海外ボランティア・研修について
海外ボランティア説明会スケジュールについて