TOP

大学概要

人権侵害防止と解決ガイド

知る・思いやる・和をつくる

本学は、いかなる人権侵害も許しません!
 

人権侵害に対する大学の基本姿勢
本学は、人権侵害問題について、次の三つの基本姿勢をもって臨みます。

① 防止活動の徹底
本学は、人権侵害の発生を防止するために、学生・生徒等及び教職員(役員等も含みます)の人権意識を更に向上させるべく意識啓発に取り組みます。また、制度的・文化的背景から人権侵害が行われないよう、常に問題点の発見、解明及び改善に取り組みます。

② 問題の適正・迅速な解決
本学は、不幸にして人権侵害が発生した場合は、適正かつ迅速な措置を講じ、問題解決に取り組みます。また、発生した問題を十分解明し、その問題が再発しないよう対策の改善を行います。

③ 人権侵害を受けた者の保護・救済
本学は、人権侵害を受けた者の保護・救済を基本に据えて問題解決に当たります。保護・救済に当たっては、人権侵害を受けた者の意思や立場及びプライバシーに十分留意して解決を図ります。
 

日本大学人権侵害防止委員会
日本大学は、人権侵害のない良好な就学・就業環境を維持向上するために、「日本大学人権侵害防止規程」、「日本大学人権侵害防止ガイドライン」、「セクシュアル・ハラスメント防止に関する指針」を制定し、人権侵害の防止・解決に取り組んでいます。

被害にあっていたり、相談したいことがあるときは、一人で悩まないで、人権侵害に関する受付窓口に連絡してください。