TOP

留学・国際交流

TOEFL ITP®受験者募集要項

TOEFL ITP® (Institutional Testing Program)は、TOEFL®の作成元であるETS(Educational Testing Service)が提供するTOEFL®の団体向けテストプログラム(TOEFL模擬試験)です。
TOEFL ITP®のスコアは公式なものではありませんが、出題形式や採点方法は従来のテストに準じており、学生の英語力測定に有用なだけではなく、日本大学における海外協定校への交換・派遣留学スコアとしても暫定的に使用しています。
また、将来留学を目指している方、日本大学主催の交換・派遣留学制度や各種海外研修への応募を考えている方にとっても、自分自身の英語力の測定に最適なテストです。

TOEFL iBT®及びTOEFL iBT® Home Editionについてはこちら

1. 試験日程等

  受付期間 試験日 集合時間 募集定員
第1回 2022年5月9日(月) ~ 5月19日(木) 2022年6月15日(水) 17:30 50名
第2回 2022年5月30日(月) ~6月9日(木) 2022年7月7日(木) 17:30 100名
第3回 2022年8月8日(月) ~8月17日(水) 2022年9月15日(木) 17:30 未定
第4回 2022年8月25日(木)~9月5日(月) 2022年10月3日(月) 17:30 未定
第5回 2023年2月3日(金)~2月14日(火) 2023年3月17日(金) 17:30 未定
※試験開始から終了までの所要時間は約2時間30分です。
※定員に満たない場合でも、受付期間までに受験料の支払い及び申込み手続きができない場合は、一切受付けいたしません。
※新型コロナウイルス感染症の影響により、試験中止や定員変更をする場合があります。

2. 会 場

日本大学会館
JR 総武線 市ケ谷駅下車徒歩3分
東京メトロ有楽町線・南北線、都営新宿線 市ケ谷駅下車徒歩1分(出口A2)
日本大学会館

3. 対象者

次の目的を持つ本大学に在籍する学生。ただし、スタディーアブロードファウンデーション(SAF)等他の団体が実施したTOEFL-ITP(LEVEL1)を受験した場合は、日本大学が行うTOEFL-ITP(LEVEL1)を受験することはできません。SAFの実施するTOEFL-ITP(LEVEL1)を受験する場合は、受験制限についてSAFに予め確認してください。
  1. 日本大学交換・派遣留学や短期海外研修(サマースクール)等への参加を希望している学生。
  2. 将来、留学を目指している学生。
  3. 自らの英語力の測定を希望する学生。
    ※国際関係学部の学生は対象外となります。本部実施のTOEFL-ITP試験は受験できません。詳細については学部にご確認下さい。

※交換留学を希望する方は、以下の項目9を必ずお読みください。

4. 試験内容

TOEFL-ITP®(LEVEL 1 TOEFL)
※ペーパー版TOEFL(TOEFL-PBT)試験の内容等に準じておりますので、事前に過去問題等で勉強しておくことを勧めます。
Section 解答時間 問題数 内容
約115分 140問  
1 約35分 50問 Listening Comprehension
2 25分 40問 Structure and Written Expression
3 55分 50問 Reading Comprehension

5. 受験料

受験料 4,200円(1回) 受験料は各回ごとに銀行口座振込
※試験中止となった場合は受験料を全額返金いたします。返金手続きについては別途お知らせいたします。

6. 申込方法

受付期間内に以下の手続きを完了して下さい。締切日前であっても定員になり次第、受付を締切ります。
(1)  TOEFL-ITP受験申込みフォーム(受付期間内のみ申込みができます)
※必要事項を入力し、申込みをして下さい。
(2)  受験料振込み
※申込み完了後、メールで受験料振込み方法を通知します。
※各回の受付期間最終日までに受験料振込み手続きを完了させてください。未入金又は入金遅れの場合は受験できません。

※受験料は指定された銀行口座にお振込み下さい(振込手数料は、受験者負担)。なお、受験料振込み後、受験を取りやめた場合でも、受験料の返金はできません。

【受験にあたっての注意事項】

1.注意事項
  • 試験2週間前から試験当日までの期間、必ず毎日検温を行うこと。
  • 試験当日、受付で検温と体調確認を行うこと。
  • 検温と体調確認の結果、係員が受験不可と判断し帰宅を指示する場合があります。
  • 本人確認書類として、受験票と受験者本人の学生証を受付で提示すること。提出できない場合は受験不可となります。
  • 試験会場内の換気の為、空気清浄機や扇風機を常時運転し、会場の扉を常時開放します。
    リスニングを含めた試験中に若干の音や室温変化が発生する旨をご了承下さい。
  • 試験会場内での私語は慎むこと。
  • 試験会場内では喫煙しないこと。
  • 感染防止の為、試験会場内で食事をしないこと。ただし、飲料を飲むことは可とします。
  • 試験中に咳などの症状が継続した場合は、係員の判断により受験を中止し帰宅指示を出す場合があります。受験可否並びに受験中止については、速やかに係員の指示に従うこと。
  • 体調不良を含み、受験ができなかった場合は、それがいかなる理由でも受験料は返金されません。
  • 試験受験後14日以内に新型コロナウイルス感染症の感染が判明した場合は、本部国際交流課(int@nihon-u.ac.jp
    又は03-5275-8116)へ速やかに報告
    して下さい。
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響により試験中止となった場合は受験料は全額返金します。
  • その他の事項については、大学職員又は試験係員の指示に従って下さい。
2. 試験日程等
新型コロナウイルス感染症の影響により、試験中止や定員変更をする場合があります。

7. 受験票

受験票は受付フォームに登録された住所に後日郵送します。万が一、試験5日前に受験票が届かなかった場合は国際交流課までご連絡ください。また、試験当日は受験票と共に学生証を必ずご持参ください。

8. スコアレコードの送付

試験日の約20日後にスコアレコードを各受験者あてに郵送します。
※スコアレコードの再発行はできません。

9. 交換留学を希望する方へ

TOEFL iBT®テスト(正規のTOEFLテスト)は、スピーキング及びライティングのテストがあります。
本学で実施しているTOEFL-ITPは、あくまで模擬試験という位置づけのため、学位取得課程への入学または編入学をする場合には、iBTのスコアが求められます。本学本部が実施する交換留学生(英語圏)の募集においては、TOEFL-ITPのスコアも可としておりますが、交換留学であっても、iBTを求める傾向にあるのが現状です。
交換留学生として、留学するためには、学内選考を経た後、受入先大学から受入許可を得る必要がありますが、その際、受け入れ先大学の方針変更等によりiBTのスコアが求められるという、不測の事態が起こり得ることも否定できません。
TOEFL-iBTのスピーキング及びライティングのテストで一定のスコアを得るためには、相応の時間が必要です。
以下のTOEFL iBT Complete Practice Test(TOEFL iBT対応)などを活用し、長期的な学習計画を立て、英語力の向上に取り組むようにしてください。

10. 個人情報の取扱いについて

参加申込時に記入・入力いただいた氏名・住所・電話番号・Eメールアドレス・生年月日等の個人情報は、本試験の実施、これに付随する業務(通知、連絡、各種書類送付)及び国際交流課主催のプログラムにおいて利用します。それ以外の目的では使用いたしません。個人情報について、あらかじめ本人の同意を得ない限り、第三者には開示いたしません。ただし、法令に基づく場合や、人の生命、身体又は財産の保護のために必要であると判断し、本人の承諾を得ることが困難な場合には、例外的に個人情報を開示することがあります。

お問い合わせ

名称 日本大学学務部国際交流課
電話番号 03-5275-8116
メールアドレス int@nihon-u.ac.jp