TOP

広報活動

研究開発投資の会計処理と市場の評価

研究開発に対して各企業は多くの投資をしているが、貸借対照表の中に、その投資に関する会計情報が見られないのが現状で、その価値が外部の人間には分かりづらい。著者は日本ではまだ研究が進んでいない分野に豊富なデータで切り込んでいる。

わが国の医療品、通信・ゲーム、電機、自動車などの分野においては、研究開発投資が設備投資額を上回っており、研究開発投資は競争力の源であり、戦略の中核として企業の価値創造力の重要な源泉として期待されている。一九九〇年代後半から米国などで研究開発投資の会計処理および会計情報開示と株価の関連性において、数多くの実証研究がなされている。本書はこれらを紹介しながら、日本の実証研究に取り組んでいる。今後の課題として「海外に依拠するだけでなく、日本企業により適合的なモデルの開発が良好な分析結果を得る」と結んでいる。

書籍名 研究開発投資の会計処理と市場の評価
著者名 商学部専任講師 劉慕和・著
月号 2007年冬季号 No.110
価格 3,700円(税別)
出版社情報 東京都千代田区神田神保町1-41、同文舘出版